飼い主とペットの不思議な縁と絆

犬

 

これは、お爺さんとそのペットだった犬の不思議な話。

 

ある日、向かいの家の犬が死んだ。

 

ちょうど飼い主だったお爺さんの一周忌の日だった。

 

お爺さんは犬の散歩の途中、曲がり角で倒れ込み、そのまま帰らぬ人となった。

 

脳出血だったらしい。

 

それから一年。

 

その犬は主の来ない庭で、何を思って生きたのだろう。

 

お爺さんの最初の命日に、お爺さんの息子が犬を散歩に連れて行った。

 

気を利かせたつもりだったのだろうか、お爺さんが死んでからは違う道順を辿るようになっていたのに、その日はお爺さんと犬が十年以上ずっと辿っていた散歩道を歩かせた。

 

そして、お爺さんが倒れた曲がり角を通った時、犬はそこで急に立ち止まり、座り込んだ。

 

しばらくそのままでいさせてやったが、さすがにずっと座っているわけにもいかず、息子さんは犬を引っ張ろうとした。

 

けれども、その犬はそのまま眠るように死んでいた。

 

飼い主とペットには、少なからず不思議な縁と絆が宿る。

 

たぶんその曲がり角で、犬はお爺さんに再会できたのだと僕は思うのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ