小部屋の奥に隠されていた不可解な状況

学校

 

これは、私が勤務する学校の話。

 

男性職員の更衣室の奥には、配電盤のようなものがある『小部屋』がある。

 

そこには常に鍵がかかっており、マスターキーが無ければ開けることが出来ない。

 

また、ドアの前には誰かの荷物や段ボールが積まれていて、その部屋の存在すら気が付いていない職員が多かった。

 

最近になって、サーバーの配線の関係で、調査中にその部屋を開けることになった。

 

マスターキーで鍵を開けて中に入ってみたところ、二畳ほどの部屋の奥に、さらにドアがあった。

 

図面にも名前が付いていないし、「何の部屋だろう?」と開けてみると、そこはコンクリ打ちっぱなしの一畳ほどの空間だった。

 

不気味だったのは、その床に半畳ほどのゴザが敷かれ、その上に学校で使用しているカーテンを畳んで敷き、さらにその上にレースのカーテンを畳んで敷いた上に、ドア側に頭を向けた『真っ黒なテディベア』が寝かされていたことだ

 

間違っても生徒がイタズラで入れる場所ではなく、マスターキーを持っているのは管理職と事務職員くらいしかいない。

 

転勤した職員にも見たことがあるか聞いてみたが、誰も知らなかった。

 

そして、再度数人で確認しに小部屋に入った時、さっきまで真上を向いて横たわっていた熊が、右肩を下にしてドア側に少し顔を向けたポーズに変わっていることに気が付いてしまった

 

その後、誰もその部屋に確認に行こうとしなくなった。

 

私達は全員、その部屋も、テディベアのことも見なかったことにして、二度と触らないことにした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ