見えない誰かが帰社する音

歩く

 

以前に勤めていた

会社での話。

 

そこは、同系列の

別会社と一緒に、

 

大きな部屋を借りて

二つに仕切り、

 

それぞれの社員がドアから出入り

出来るようにしてあった。

 

仕切りはどちらの会社の人も

通れるように、

 

1メートル程の隙間が

二箇所ほど開けてあり、

 

私はそこで昼間の電話番、

兼一般事務の仕事をしていた。

 

ある日の夕刻、

 

いつものように隣の部屋の

ドアが開く音がしたので、

 

営業の人に渡す電話のメモを手に、

隙間から隣の部屋へ行った。

 

が、誰もいない・・・。

 

確かに靴音はしていたし、

ドアの開く音も聞こえたのに。

 

先輩から以前、

 

『この部屋は出るんだよ』

 

とは聞かされていたけど、

 

まさか自分のいる時に

出るとは・・・。

 

当然、焦るわ

顔は引き攣るわで、

 

他の営業さんが戻るまで、

 

無茶苦茶怖かったのは

言うまでもない。

 

しかし、

連日とまではいかずとも、

 

何回もそういう事が

度重なると、

 

人間は慣れてくるものらしい。

 

ドアの音がする度に、

 

「お帰りなさい」

「今日は早かったですね」

 

と、ややヤケ気味に

声をかけているうちに、

 

その靴音とかはしなくなった。

 

靴音をさせてドアを開ける音と

共に戻って来ていた『彼』は、

 

今でもそこに帰社しているのだろうか?

 

余談ですが、

 

その会社は今でも大阪の

オフィス街に存在しています。

 

戦時中は空襲があって、

 

その辺りにあった堀で

大勢の死んだ人が浮いていた

 

という話を、

 

モータープールのおじさんに

聞いたのは、

 

その会社を辞めて以降です。

 

場所は北御堂付近、

近所に同名のお寺があります。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ