お寺の本堂で眠り込んでいたら

本堂

 

これは、私が小学2年生の時に体験した不思議な話です。

 

ある日のこと、父が友人の家へ遊びに行って来ると言うので、私は一緒に付いて行きました。

 

父のその友人というのは、お寺の住職さんでした。

 

お寺に着き、父たちが話しているあいだ退屈になった私は、人気のない本堂に入り込みました。

 

天井から綺麗なキラキラした傘のような飾りが吊るしてあって、私はその飾りを見ていたのですが、いつの間にか眠り込んでいたらしいのです。

 

夢うつつに何かに引っ張られるのを感じましたが、眠気に負けてそのまま眠っていました。

 

しばらくして、私は父の笑い声で起きました。

 

私が居なくなったので皆と一緒に探していたら、本堂で寝ていたので呆れたそうです。

 

しかし、起きた私はすぐに、眠り込んだ時とは“違う場所”にいることに気がつきました。

 

なぜか本堂の端の方にいたのです。

 

私はその場に居た皆に「綺麗な飾りの下にいたのに・・・」と言ったところ、父と一緒に笑っていた住職さんが急に真剣な顔になり、こう言いました。

 

「あの飾りの下はね、お坊さんの場所なんだから、もう入り込んだらダメだよ。知らずにいたら、仏さんがやって来て、どかされるからね」

 

もしかして仏さんは、「ああ、もうこの子ったら、こんなとこで寝おってからに」と、そんな感じに愚痴りながら、私を端っこの方に引きずっていったのでしょうか。

 

きっと幼い私を慈愛溢れる目で見てくれていたのですね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ