一人暮らしのマンションを数日留守にしていたら

蝉

 

つい最近経験した洒落にならない話。

 

バイクが趣味なので、お盆休み中に帰省も兼ねてあちこちをウロウロしていた。

 

休みの最終日の夕方、一人暮らしのワンルームマンションに帰ってきた。

 

一週間、誰一人として入る者の居なかった独身男の部屋は、ムワッと蒸し暑い。

 

クーラーをつけて熱いシャワーを浴び、ビールの缶を開けてソファーに座り、一息ついたその時・・・・!

 

「ジジジジジジジジジジジ」

 

部屋の中に大音量で奇妙な音が鳴り響いた。

 

音がした方向を見て、俺は「えっ!?」と固まった。

 

白い壁に『セミ』が10匹ほど止まっていた。

 

そのうちの一匹が、人の気配を感じてか急に鳴き出したのだ。

 

気持ち悪い。

 

だが、俺も男だ。

 

別に虫が怖いわけでもない。

 

どこから入って来たのだろう?換気扇?などと考えながら、壁のセミの群れに近づいて心底ゾッとした。

 

そのセミの一匹一匹が、壁に虫ピンで固定されていた。

 

鳴いたセミ以外の他のセミは既に死んでおり、すっかり乾燥していた。

 

とりあえず警察を呼んだが、盗られたものは無し。

 

変質者の仕業であろう、という結論に。

 

鍵を掛け忘れた小窓から進入した可能性あり、と。

 

(5階なんだけどね、俺の部屋)

 

セミの乾燥の具合の程度が異なることから、何日にも渡って変質者が俺の部屋に居座った可能性もあるとの事。

 

死んだセミを持ち込んだ可能性もあるが。

 

生きたセミもいたことから、最悪その日の朝くらいまで変質者が居た可能性も。

 

さすがに気持ち悪かったので、冷蔵庫の中の物や飲みかけのウイスキーのボトルの中身など、口にするものは全部捨てた。

 

証拠となるセミと虫ピンは警察が全部持って帰った。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ