ガキだった頃の俺の記憶

 

俺が小さい頃の話だ。

 

ガキの俺は車のおもちゃで遊んでいると、

母ちゃんがいそいそと身支度をしていてな。

 

俺はどこかへ行くもんだと思って、

 

「ぼくもいきたいー」

 

なんて駄々こねたな。

 

母ちゃんはそんな俺を見て笑って、

 

「○○ちゃんにはまだ早いわよ」

 

って、頭を撫でてくれた。

 

言ってる意味は分からなかったが、

 

頭を優しく撫でられると

何も言えなくてな。

 

「ぼく、おりこうにしてる!」

 

なんて言ってたのを、

未だに覚えてるよ。

 

あと鮮明に覚えているのは、

 

母ちゃんの笑顔と「またね」という

言葉も覚えてる。

 

そうそう、あともう一つ

覚えてるのがある。

 

昭和○○年10月13日午後4時38分、

○○佐知代さん投身自殺により死亡。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ