生まれて間もない頃の奇妙な記憶

ベビーベッド

 

これは、私が生まれて間もない頃の話。

 

なぜか当時の記憶がある。

 

夢かもしれないが。

 

赤ん坊の私が病院のベッドに寝ていると、青空が見える窓の外から、火に包まれた落ち武者風の『男の首』が病室の中に入ってきた。

 

不思議と恐怖はなかった。

 

病室には誰もいなくて、音もなかった。

 

その首は目を見開き、何かをブツブツ言いながら、天井に近い高さの室内を大きく円を描くようにぐるぐる回った。

 

時間の感覚がなく、どのくらい続いたかはわからない。

 

そして私の真上で止まったかと思うと、ゆっくりと降りてきて私の胸の中に入った。

 

その後に呼吸が苦しくなるところで記憶は途切れている。

 

気になって母に、その頃に何かなかったかと聞いたことがある。

 

母曰く、生まれた次の日に呼吸ができなくなり、生死の境をさまよったことがあったという。

 

その数十年後の昨日、夢に『その首』が現れた。

 

笑っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ