オカルト仲間と霊感看護師との廃屋探検

 

オカルト仲間のMから、

 

「廃屋探検に行こう!」

 

と電話があった。

 

霊感看護師のYさんも一緒とのこと。

 

夜勤明けのYさんと、

病院のロビーで待ち合わせる。

 

「見える人にとってはココ(病院)

お化け屋敷みたいなもんやけどねー」

 

Yさんは私の隣を指して、

 

「ほら、Sちゃん(私)

お婆ちゃんにぶつかりそう」

 

と笑った。

 

もちろん、

0感の私には何も見えない。

 

買い物をして食事もして、

メインイベントの廃屋探検に向かう。

 

そこは意外と街中にあったけど、

 

周りを鬱蒼と茂った

雑木林が覆っているので、

 

結構雰囲気があった。

 

田舎の古い日本家屋な感じの建物で、

噂じゃ幽霊も出るとか出ないとか。

 

木の引き戸をこじ開けて入ると、

 

雨戸が閉まっているので昼間でも

かな~り薄暗い。

 

二部屋抜けた奥に階段があったので、

上がってみる。

 

一階はそうでもなかったけど、

 

上の階はゴミ屋敷かってくらいに

家財道具が散乱してた。

 

埃も酷いし暗いしなので、

雨戸をちょびっと開けた。

 

Yさんは何かピンと来るものがあったのか、

 

床に散らばったガラクタを手に取って、

品定めをし始めた。

 

私は何もピンと来るものがなかったので、

適当に家の中を捜した。

 

と言っても、

 

二階はYさんのいる部屋の横に、

書斎みたいな小さい部屋があるだけだった。

 

書斎の文机に古めかしい

電気スタンドがあって、

 

紐を引くと明かりが点いたので、

 

そこいらに落ちている手紙を拾って

読んで見よう・・・としたけど、

 

昔の崩した字で何がなにやら。

 

ちょっと飽きてきたので携帯プレイヤーで

音楽なんぞ聴いていたら、

 

「やったー!」

 

とYさんの歓声。

 

なによ何よ?と寄っていった、

Mと私はギョッとなった。

 

「Yさん・・・

それ骨壷じゃないとですか?」

 

「ちょ、イカンでしょ、それは!」

 

しかしYさんはニコニコして、

 

「これ探しとったんよー」

 

と凄く嬉しそう。

 

変、なんか変、

いつもと違う。

 

まさか、

何か憑いた?

 

でもまだ時計は昼の2時を差しているし・・・

っと、ここで自分の行動に違和感。

 

・・・あれ、

 

私、なんで廃屋の掛け時計なんか見て

安心してるの?

 

もうとっくに止まったままだろうに・・・。

 

ふと雨戸の外を見て、

もう一度ギョッとなる。

 

日が暮れかけてる。

 

薄闇が迫っている。

 

え?!

 

なんでこんないつのまに

何時間も過ぎているの?

 

1時間もいなかったはず・・・。

 

「撤退!撤退しよ!

Yさん、そげなもん置いてこう!」

 

MがYさんの手から壷をもぎ取った。

 

抵抗するかと思われたYさんだが、

 

ちょっと残念そうな顔をしただけで、

私たちと一緒に来てくれた。

 

点けたままのはずのスタンドは、

いつの間にか消えていた。

 

大体、こんな廃屋に電気なんて

まだ通ってたのだろうか。

 

「・・・あ、いけん。

雨戸、開けたままやった」

 

階段を下りたところで、

Yさんが呟いた。

 

ちょっと閉めて来る、

といい残して上がっていった。

 

「戸締りしとかんと○○さんに

がられる(怒られる)けんねー」

 

とか言いながら。

 

○○さんというのは、

聞いた事もない名前だった。

 

私とMはじりじりしながらYさんを待ったが、

下りてくる気配は一向にない。

 

「ちょっと行って見てくるわ」

 

しびれを切らしたMが階段を上がっていく。

 

私はもう逃げ出したい一心で、

出口の引き戸のところまで後退した。

 

はよ来い。

 

はよ二人とも降りて来い。

 

だが下りて来るどころか、

二階からは物音ひとつ聞こえない。

 

もうダメ・・・

トンズラこきます・・・

外で待たせてちょうだい・・・

臆病者でゴメン・・・

 

そんなことを思い馳せながら、

引き戸に手をかけ一気に・・・

 

「あ、あれ?えぇ?!

開かんよ!?なして?」

 

多少はガタついていたけど、

入る時はちゃんと開いたのに。

 

そしてそれが合図だったみたいに、

階段からミシリと音がした。

 

ミシリ・・・

ミシリ・・・

ミシリ・・・

 

一人分の足音がゆっくりと

階段を下りて来る。

 

コイツはYさんでもMでもない、

と直感した。

 

なぜだか○○さんという言葉が

頭に浮かんだ。

 

日が落ちて隙間からも明かりが

入らなくなった一階は、

 

もう、ほとんど闇。

 

手元もよく見えない。

 

その闇の奥の方から足音がゆっくりと、

確実にこっちに向かって来る。

 

半泣きになりながら戸を引っ張る。

 

お願い開いて!

あんなの会いたくない!

 

開けって!

頼むから!

 

だが「ソレ」は私の背後に

凄く嫌な気配を伴って迫り、

 

そして肩に・・・

 

ってところで、

汗びっしょりで目が覚めた。

 

あ、あはは、夢かよおい、

驚かせやがって。

 

疲れてるのかなあ、最近・・・

 

と朝食をかっ込んでいると

メールがあった。

 

『廃屋探検のおさそい☆です』

 

Mから。

 

外から眺めるくらいなら行ってもいいかな、

・・・と思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ