トラウマとなった幼稚園の頃の出来事

画鋲

 

幼稚園の頃、

 

画鋲を飲まされそうになった

経験があります。

 

当時、

私のいたサクラ組では、

 

「嘘はつかない」

 

という簡単な法律があり、

 

毎朝のホームルームでは、

 

「うーそついたら、

針千本のーます♪」

 

って歌っていました。

 

そんなある日、

 

教育番組の『ノッポさんのできるかな?』

を見ながら、

 

牛乳パックで動物を作る授業を

することが決まりました。

 

私はその手の授業が好きだったので、

とても楽しみにしておりました。

 

保母さんが、

 

「みなさーん、

 

明日は牛乳パックを使って

動物さんを作りまーす。

 

忘れずにお家から牛乳パックを

持ってきてくださいねー」

 

「はーい」

 

ウキウキと帰宅し、

母にその話をすると、

 

「牛乳パックは

開けたばかりだからダメ。

 

ちょうど豆乳のパックが開いたから

コレにしなさい。

 

同じものだから大丈夫」

 

とのこと。

 

次の日、

私はそれを持って幼稚園に行きました。

 

そして授業。

 

しかし、よくよく考えれば、

 

豆乳のパックは形状も紙の厚さも

牛乳パックとは違います。

 

テレビのノッポさんも、

 

豆乳パックでのキリンやゾウの

作り方は教えてくれません。

 

困ってる私を見た保母さんは、

 

「Aちゃん!

これ牛乳のパックじゃないでしょ!

 

昨日みんなで約束したのに、

なんで違うものを持ってくるんですか!」

 

と私を叱りました。

 

私が答えられずにいると、

 

保母さんは不意に自分の机に行き、

何かを持ってきました。

 

それは、

画鋲のケースでした。

 

保母さんは半分呆れた薄笑いで私を睨み、

みんなに告げました。

 

「みなさーん、

今日、Aちゃんは嘘をつきましたー。

 

牛乳パックを持ってくる約束をしたのに

違う物を持ってきましたー。

 

嘘をつくとどうなりますかー?

針千本ですねー?」

 

とんでもないことになった・・・

 

言葉も出ない私に、

保母さんは画鋲のケースを突きつけ、

 

「約束です。千個飲みなさい!」

 

出来ない私・・・。

 

「じゃあ、千個はかわいそうだから、

Aちゃんのために先生我慢しまーす。

 

百個でいいです!」

 

泣き出す私・・・。

 

保母さんはまだ許しません。

 

無理矢理、

私に画鋲を一個持たせました。

 

私は画鋲を口に中に入れ、

 

飲み込むフリをしておけば

誤魔化せると考えました。

 

口に入れて奥歯で画鋲を噛んだまま、

ごっくんのモーションをすれば、

 

きっと飲み込んだと思うはず。

 

これで切り抜けよう。

 

そして、

それを実行しました。

 

保母さんの冷血な態度は豹変し、

強烈なビンタが飛んできました。

 

私は吹っ飛び、

 

口の中から飛び出した画鋲と

机の上の画鋲ケースが、

 

教室に散らばりました。

 

保母さんは少々焦っていましたが、

すぐに冷血モードで私を睨みつけ、

 

画鋲を一個拾い、

私の鼻先に突きつけ、

 

「いい?

 

コレは一個でも飲んだら

死んじゃうお薬なの!

 

死んじゃうのよ!!

 

みなさんもわかりましたね!

嘘をついたらAちゃんみたいになります。

 

絶対に嘘はダメなんです!」

 

授業は中断、

 

私は一人で床の画鋲を

拾わされました。

 

・・・泣きながら。

 

周りの園児も楽しい工作の時間をつぶされ、

冷ややかな態度で私を見ていました。

 

保母さんは私の拾い集めた画鋲を、

 

どれが口に入ったか分からないから

という理由で捨てました。

 

今になって考えると、

あの保母さんはサドだと思う。

 

私が口に入れた瞬間に、

我に返ったのかな。

 

余分な情景もあるかと思いますが、

今でも余すところなくトラウマです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ