とある介護施設を辞めたワケ

暴力

 

今から2年ほど前、

 

とある特別養護老人ホームで、

介護職として働いていた時の話です。

 

そこの施設は、

はっきり言って最悪でした。

 

何が最悪なのかと言うと、

 

お年寄りを人として扱わず、

物のように扱う職員ばかりで、

 

薬を食事のおかずやご飯に混ぜたり、

入浴は水のようなお風呂で乱暴な介護、

 

抑制も日常茶飯事でした。

 

職員の給料や待遇は良かったのですが、

あまりにもひどいお年寄りへの対応に、

 

心ある人は我慢出来ず、

辞めていく人も多かったです。

 

そのため、

 

毎日のように人は足りず、

職員全員がイライラしている状態で、

 

ひどい職員はそのストレス発散で、

怒鳴ったりすることも度々ありました。

 

そのひどい職員の中でも、

特にひどい職員(A)がいまして・・・

 

暴力を振るっていました。

 

Aの暴力はいつもひどくて、

顔以外の場所を叩いたり蹴るなど、

 

元ヤクザをやっていた人なので

みんな見て見ぬふりで、

 

暴力によって怪我をしても、

うまく隠蔽されました。

 

俺もAが怖くて注意できず、

今思えば情けない話です・・・

 

Aの暴力するお年寄りの対象は、

認知症や言語障害で喋れない人でした。

 

その中で言語障害だったBさんは、

 

Aにされた暴力の内容を、

事細かく日記に書いていました。

 

そしてその日記を別の職員に

見せて助けを求めるも無視され、

 

Bさんは身内の人もいなく、

 

4人部屋でもまわりのお年寄りたちは

認知症がひどく自分がわからない状態で、

 

AにとってBさんは、

最高の『カモ』だったのです。

 

そんなある日、

 

早朝にBさんは体調が急変して、

病院に行くも亡くなられました。

 

Bさんが亡くなった夜に、

Aは心筋梗塞にて急死しました。

 

まるで後を追うように・・・

 

次の日、

Bさんのベットを片付けていた時、

 

本当はいけないことなのですが、

Bさんの日記を見させてもらいました。

 

Aに対しての暴力の内容や怒りが

びっしりと書かれていました。

 

Bさんが亡くなる前の夜に書かれた

最後の日記を見て、

 

ゾッとしました。

 

「あいつを地獄につれていく」

 

その後すぐ職場を辞めて、

違う仕事に転職しました。

 

転職してから一ヶ月後、

交通事故に遭いました。

 

全治三ヶ月。

 

もしかして日記の内容を見て

呪われてしまったのでは・・・

 

とか思ってしまうこともありますが、

偶然であると自分に言い聞かしています。

 

最近、怖い夢を見ました。

 

地獄のようなところでBさんが笑いながら

Aを木刀のようなもので殴っている夢を・・・

 

まあ、大丈夫とは思いますが、

 

この話を知ったことによって、

何か災いが起きたらすみません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ