電車の網棚から垂れていた黒いモノ

電車の網棚

 

霊感のある友達の姉さんの体験談を、

また聞かせてもらった。

 

その姉さん、

 

大学を卒業して仕事に就いて、

今年から電車通勤。

 

仕事に就いてから、

 

それまで付き合っていた彼氏と

すれ違いが多くなって、

 

結局別れたんだってさ。

 

しかも、浮気されていて、

問い詰めたら彼氏が逆ギレ。

 

彼氏が学生で野放し状態だった

というのもあるし、

 

彼氏のわがままに付き合わされて

疲れていたし、

 

そろそろ潮時かなと思って、

そのままケンカ別れ。

 

そんな、

フリーな仕事人になった年の出来事。

 

仕事でクタクタになって、

 

満員の最終電車に揺られながら

家に向かっていた。

 

座りたかったけれど、

席は空いていない。

 

仕方なく、

我慢して立っていた。

 

地下鉄の駅で電車のドアが開いた途端、

一気に人が流れ込んできて、

 

姉さんは人混みに押されて

反対側のドアに張りつく形になった。

 

「うわ、最悪・・・」

 

顔がドアにくっ付くのは、

なんとか手で踏ん張って阻止したけれど、

 

いかんせん、体勢がきつい。

 

まだ降りる駅までは遠いし、

車内は暑苦しい。

 

それでもなんとか我慢していた。

 

しばらく電車に揺られて

ぼーっとしていたら、

 

視界の隅っこで何かユラユラしている。

 

ふと隣の座席列を見ると、

黒い布が垂れ下がっていた。

 

ちょうど隣に座っているギャル男の上に、

黒い布が垂れ下がっている。

 

「なんだろ、これ」

 

と思ってよく見てみると、

人の髪の毛だった。

 

長い髪の毛が網棚の上から垂れ下がって、

ユラユラしている。

 

その時は疲れていたし、

また「見ちゃった」としか思っていなかった。

 

周りの人は気付いていないみたいだし。

 

よくよく見れば、

ツヤツヤなストレートヘアーで綺麗。

 

「あ、いい髪質してるなあ・・・

うらやましい・・・」

 

と、ぼーっと眺めていた。

 

しばらく眺めていると、

下に座っているギャル男が寝だした。

 

「ちくしょう・・・

あたしも座って寝たいよ・・・」

 

ギャル男が寝だしてから間もなくして、

どこからか音が聞こえてきた。

 

キリキリキリキリキリ・・・

 

髪の毛が音を立てて、

伸びていっている。

 

結構こういう事にも慣れているし、

 

「お、伸びてる伸びてる」

 

と姉さんは、

冷静に観察していたんだって。

 

だんだんと髪の毛が、

ギャル男の頭に近づく。

 

「このままいったらどうなるんだろ・・・

あの男の髪が増量するのかしら」

 

ちょっとワクワクして見ていた。

 

しばらく見ていたら、

電車がブレーキをかけて駅に止まった。

 

ギャル男はその振動で目を覚まし、

キョロキョロしていた。

 

それと同時に、

 

あのキリキリという音も止んで、

髪の成長もストップした。

 

再び電車が動き出すと、

またギャル男が寝だした。

 

すると、

 

キリキリキリキリキリキリ・・・

と、また伸び始める。

 

完全にギャル男が眠りについて、

カクンと前に頭が下がった。

 

その瞬間、

ギュルギュルギュルギュルッッッ!!

 

髪の伸びる早さが増して、

一気にギャル男の首に巻きついた。

 

「あ・・・」

 

姉さんは思わず、

声に出しちゃったんだって。

 

そしたら髪の動きが止まって、

 

キュルルルルルル・・・

と、元の長さに戻った。

 

網棚の上に視線がいく。

 

その時、

髪の間からは目が覗いていた。

 

目が合ってしまった。

 

「うわ、やば・・・」

 

しばらく沈黙が続き、

姉さんは身動きが取れなかった。

 

たまらず視線を逸らして、

再び視線を網棚に戻した時、

 

上にいるモノは居なくなっていた。

 

「ああ、びっくりした・・・」

 

ちょっと安心して、

ふとドアの窓を見たんだって。

 

(地下鉄って、

 

外が暗くて中が明るいから、

窓には中の様子が映るよね)

 

「あれ、なんかおかしいぞ・・・」

 

と思って、

 

窓についている自分の手を

どけてみたんだって。

 

自分の手をどければ、

窓に映る像も動くはずじゃない?

 

でも、

まだ手が窓に張りついている。

 

そう、

誰かの手が外から張りついていた。

 

ちょうど窓越しに自分の手と、

誰かの手が合わさっていた感じ。

 

はじめ、その手の持ち主は、

窓枠の外で見えなかったんだけど、

 

ゆっくりと窓枠の下から

黒いモノが這い上がってくる。

 

相手の顔が見えた。

 

女の顔。

 

「うわ・・・勘弁してよ・・・」

 

身動き取れないし、

ドアの窓との距離は5センチほど。

 

顔を合わせるのは嫌だから、

 

なんとか体をくねらせて、

ちょっとずつ移動する。

 

それに合わせて、

相手の女もゆっくりと移動する。

 

姉さんの視界には、

その女の顔しか映らない。

 

顔はちょいと美人なんだけれど、

 

近いしニヤニヤしているしで、

涙が出そうになった。

 

次の駅に電車が止まると、

 

姉さんが居る側のドアが開いて、

女は消えた。

 

降りる人のために一旦ホームに降りて、

また乗ったんだけど、

 

運悪く、また窓の前。

 

電車が動き出すと、

また女が窓に張りついている。

 

姉さん、

一人で泣いていたんだって。

 

そうすると、

女がニヤニヤしながら話し掛けてきた。

 

電車の外だから、

聞こえるはずは無いんだけど。

 

「なんだぁ、

あなたも私とおんなじなんだぁ。

 

振られたんでしょ?

ね、でしょ?

 

あなたの彼氏もヒドイ男ね~。

つらかったでしょ~。

 

ねぇ、聞いてよ、

私の彼氏もヒドい男でさぁ。

 

あいつったら・・・」

 

一方的にベラベラ話し掛けてくる。

 

目を瞑っても、

声は聞こえてくるわけで・・・

 

「私はもうダメだけどさ、

あんたならいい男みつかるわよ」

 

挙句の果てに、

なんかわからないけれど慰められるし。

 

もう姉さん、涙がボロボロ。

 

見なきゃよかったって後悔。

 

しばらくして、話に満足した女は、

クモみたいに這って窓の外から消えた。

 

そのまま固まっていたら、

いつの間にかギャル男の上に戻っている。

 

「ねぇねぇ、

 

わかってると思うけど、

邪魔はしないでよね。

 

これはあたしとコイツの

問題なんだからさ」

 

さっきより鮮明な声が聞こえて、

また髪が伸び始めたんだって。

 

キリキリキリキリキリキリキリキリ・・・

 

もう見ていられなくて、

ずっと目を瞑って反対側を向いていた。

 

しばらくして、

 

「ゴホッ・・・ゴホッ」

 

男の咳が聞こえたけれど、

もうそっちを見ること出来なくて、

 

降りる駅に着くまで

ずっと固まっていたんだって。

 

ギャル男の首に髪が巻きついて・・・

 

もうその後は、

想像するのを止めて震えていた。

 

降りる駅に着いた時、

一目散で改札へ。

 

でも降りる瞬間に「バイバイ」って聞こえて、

そのまま泣きながら家に帰ったんだってさ。

 

ちょっと未練があって残していた

彼氏のメールアドレスと番号を、

 

即効で削除したって。

 

そうそう、電車の中って、

眠っている人がよくいるよね?

 

姉さんの話だと、

 

見えるはずのないモノを見ないように、

寝たふりをしてる人もいるんだってさ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ