押入れの隅に転がっていた人形の首

押入れ

 

先日、引っ越しをしたのだが・・・

 

部屋の押入れの隅っこに、

人形の首だけが転がっていた。

 

髪はボサボサで、

口にはセロテープが貼られてあり、

 

頬にはマチ針が3本刺さっていた。

 

他には一枚の紙があり、

 

『ごめんなさい、助けて、

ごめんなさい、助けて、・・・』

 

とつらつらと書いてあった。

 

前の住人の悪質な悪戯なんだと思ったが、

色々忙しい事もあって一週間後に報告。

 

証拠の首と紙を不動産屋へ持って行き、

 

実際は何も怪異は無かったのだが、

つい調子に乗って嘘八百を並べてみた。

 

首から毎晩死ねと言われるだの、

首が部屋中這い回るだの言っていたら、

 

担当者がめちゃくちゃビビッてしまって、

すぐに前の住人の所へ電話した。

 

そうして、

 

前の住民(大学生の兄ちゃんだった)

土下座して謝りに来た。

 

出来心だったとか反省を述べながら、

人形を責任もって供養しますと。

 

一緒に霊媒師の所に持って行かされ、

嘘の事情を説明した。

 

なんだか偉そうに、

 

この人形はこんな仕打ちをした貴方を

恨んでいるとかなんとか言ってたが、

 

何も起きなかった事を知っている俺には、

インチキ霊媒師とすぐに判明した。

 

散々偉そうなことを言った後に、

 

2万円ものお金を請求し、

人形の首を引き取った。

 

翌日。

 

公衆電話でその霊媒師に

何も起きていないことを言って、

 

インチキ野郎と罵ってやった。

 

すると、

 

「貴方には危害を加えませんよ。

 

普通こんな首が転がっていたら、

絶叫をあげて不動産屋に駆け込むでしょ。

 

でもそれをせずそのまま放置した貴方に、

人形が恐怖したのです。

 

それに、

 

貴方に下手な事をしたらすぐ燃やされると

人形が言ってましたよ

 

その返事に俺は戦慄したね。

 

なぜなら、その人形の首の傍に

ライターとオイルを置いて、

 

「なにかしたらすぐ燃やして供養してやる!」

 

と言っていたんだ。

 

ということは、

あれは本当に呪われた首だったのか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ