デジャブを頻繁に体験する不思議な子

リビング

 

親戚に不思議な子(A子)がいた。

 

2日に一回は既視感を体験するらしい。

 

どこかで見たことがある記憶が、

現実から若干遅れて再生されるアレだ。

 

ある日、

 

俺はA子とA子の妹の3人で、

留守番をしていた。

 

夏の暑い日だった。

 

親は寄り合いか何かで出かけていて、

 

冷房の効いた締め切った部屋の中にも

蝉の声が響いていた。

 

お菓子を食べながら、

トムとジェリーを観ていた。

 

ふいに妹がA子に言う。

 

「おねえちゃん、ジュースなくなった」

 

A子は冷蔵庫の前に行き、

 

ジュースを取り出し、

妹のコップに注ぎ始めた時、

 

「あ・・・これ見た」

 

と呟いた。

 

A子「お姉ちゃん、もうちょっと入れてよ」

「おねえちゃん、もうちょっといれてよ」

 

寸分違わず、

同じことを同じように発音する姉妹。

 

A子は俺の方を見る。

 

A子「またデジャブ?」

「またデジャブ?」

 

俺の声と重なる声。

 

その後、

誰も座っていないソファを見る。

 

A子「私の言葉、取らないでよ」

 

そう言った直後、

 

A子は青ざめて、

俺の背中に隠れようとする。

 

「どうした?大丈夫?」

 

俺の問いかけにも応えず、

 

肩に置かれたA子の手で、

どうやら震えていると分かった。

 

A子「ピンポーン」

 

ピンポーン

 

呼び鈴が鳴る。

 

まだデジャブは続いているようだった。

 

またソファを見る。

 

A子「出たら死ぬよ、ふふふ」

 

直後、A子が倒れた。

 

驚いた俺はA子を抱き上げたが、

 

自分の手に余ると思い、

寄り合い所に電話をした。

 

電話が繋がってすぐ「A子が倒れた!」

と告げると、

 

親は『すぐ戻る!』とだけ言って、

急いで電話を切った。

 

その間、

 

ずっと玄関からはガチャガチャと、

何かをする音が聞こえていた。

 

それから数分後。

 

親が戻って来た時に、

 

玄関で鍵をこじ開けようとする男に

出くわしたらしい。

 

男はすぐに逃げ出し、

捕まえられなかった。

 

しかし数日後、

 

隣の市で強盗殺人を起こし、

その男が捕まったと聞いた。

 

そんな事件から十年後の昨年の夏、

初めて詳しい話をA子に聞いた。

 

あの時、

部屋の中には3人しか居なかったのに、

 

デジャブの中では4人目がソファに

居たらしい・・・

 

それも、血まみれの女の子。

 

人形を抱いて、

楽しそうにしていたらしい。

 

A子は夢の中で霊の声を聞き、

俺たちを助けてくれていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ