8階の窓の外に張り付いていたモノ

オフィス

 

今でもわけがわからない。

 

それは4年前、

前の職場で働いていた時の話。

 

季節は冬に入った、

かなり寒くなってきた頃だった。

 

その時、少し難しい案件の

見積依頼を受けていて、

 

担当者である自分ひとりだけが、

夜まで事務所に残っていた。

 

見積書の提出期限が

次の日の朝だったからだ。

 

深夜1時をまわった頃、

 

ふと外の窓ガラスを見たら、

誰かが張り付いていた。

 

事務所はビルの8階フロア。

 

窓ガラスはそいつの周辺だけが、

真っ白に曇っていた。

 

両手を押し付けて、

赤い服を着ているように見えた。

 

曇ったガラス越しでぼやけているので、

詳しくはわからない。

 

押し付けた両手と同じ高さに顔があって、

輪郭が白くぼやけていた。

 

張り付いている奴は

荒い呼吸をしているらしく、

 

口のある辺りだけ、

 

窓の曇りがやたら濃くなったり、

薄くなったり。

 

何がなんだかわからないまま

呆然とそれを見ていたら、

 

そのまま後ろに倒れるかのように、

ベリッ、と剥がれて居なくなった。

 

疲れて夢でも見てるのだろうか?

と、漠然に思ったけれど、

 

もしかして今のは、

いわゆる幽霊というやつでは・・・

 

と考え出したところで、

やっと恐怖を感じるようになった。

 

今のは何だったのだろうと思い、

その窓ガラスに近づいていった。

 

曇った部分に触ろうとした時、

向いの鏡張りのビルが目に入った。

 

俺のいるフロアの真上の窓に、

 

逆さまに張り付いている

人間らしき姿が見えた。

 

首を伸ばして、

 

上から俺を覗き込んでいるような

格好だった。

 

俺は弾かれたように、

事務所を逃げ出した。

 

深夜で電車もなかったから、

 

始発までコンビニに逃げ込み、

ひたすら立ち読みをして、

 

始発に乗って家へ帰り、

テレビをつけてソファで震えていた。

 

これ以降は、後日談も何もない。

 

誰にも話さなかったし、

 

別に何も起こらなかったので、

本当に不思議な経験だった。

 

あの、髪の無いツルっとした

白い後頭部と長い首が、

 

今でも忘れられない。

 

でも、顔を見なくてよかったとも思う。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ