キタマクラと呼ばれている赤いカワハギ

カワハギ

 

当事者的にはトラウマな話。

 

6年前(当時高1)の夏休み、

3人の友達と海釣りに行った。

 

校則でバイクは禁止されていたので、

海までは自転車で小一時間。

 

朝マズメに釣ろうという計画から、

 

夜中の3時起きで出掛ける事にしたのだが、

一人が寝坊してしまった。

 

※朝マズメ

夜明け前の薄明るい時間帯のこと。魚の食い付きがいいと言われている。

 

そのため、

 

目的地の埠頭に着いた時には案の定、

好ポイントは先客に取られてしまっていた。

 

それで仕方が無いので、

 

これを機に釣り場を新規開拓しよう

という話になり、

 

堤防沿いに少し走って、

遊泳禁止区域の砂浜で釣る事にした。

 

結果から言うと、この選択は失敗で、

4人もいながら魚は1尾しか釣れなかった。

 

その上、この魚が奇妙で、

 

形は体長20センチほどのカワハギなのだが、

赤錆色の魚体に暗緑色の斑模様という、

 

見たことの無い体色だった。

 

通常、カワハギの体色は、

白灰色地に黒っぽい褐色斑であり、

 

こんな色合いのものは見たことが無かった。

 

(この辺ではこういう体色なのだろう

という結論に落ち着いたが・・・)

 

なにぶん夏の盛りのことなので、

8時位には既に日差しが熱く感じられ始め、

 

仕方なく諦めて荷物をまとめ始めた矢先・・・

 

海岸でゴミ拾いをしていた

地元のおじさんが声をかけてきた。

 

やはりそこは、

釣りに向かない場所だったらしく、

 

おじさんには「釣れんだろう?」と、

同情的な微笑を向けられた。

 

それで自分達は少々恥じ入りながら、

 

「3時間ほど粘って1匹だけです」

 

と例のカワハギを見せると、

途端におじさんは顔を曇らせ、

 

「あんたら・・・

キタマクラ釣ったんか・・・」

 

と難儀そうに言った。

 

キタマクラという魚は

フグの仲間に実在するのだが、

 

全国名と同じローカル名を付けられている

別種の魚というのはままいるので、

 

この辺じゃコレをキタマクラと呼ぶのか・・・

と考えながら、

 

「毒でもあるんですか?」

 

と尋ねると、

 

「毒は無いけど、

食べるモンじゃない」

 

と、奥歯に物が挟まったような回答。

 

そして、それに続き、

 

「悪いけど、

ちょっと漁協まで来てくれ」

 

と言われた。

 

漁協では防災放送で組合漁師が招集され、

集まってきた漁師さん達は、

 

皆一様にクーラーボックスの中の

赤いカワハギを見て顔をしかめていた。

 

実は・・・この赤いカワハギは

養殖魚か何かで、

 

漁業権侵犯で怒られるんじゃないかと

戦々恐々していた自分達。

 

そこに漁協職員らしきお爺さんが、

 

「あんたら、この辺の子じゃないね。

この後、海水浴していくつもりか?」

 

と訊いてきたので、

 

「釣りに来ただけで、

もう帰るところでした」

 

と答えると、

 

「それならいい。

なるべく早く帰りなさい」

 

との返事。

 

結局それを訊かれただけで、

自分達はあっさり解放された。

 

(ただし、

カワハギは召し上げられてしまった)

 

何が何だかわかないまま

帰り支度をしいると、

 

先のおじさんが来て、

 

全員に缶ジュースを手渡し、

この度の件の説明をしてくれた。

 

おじさん曰く、

 

あのキタマクラと呼ばれる

赤いカワハギは、

 

地元では水死体を食べる魚として

忌まれているのだとか。

 

※忌まれる(いまれる)

嫌って避ける。

 

体色からの連想なのだろうが、

魚が水中の死骸を食べるのは普通だし、

 

浮遊物に集まる習性から、

水死体にも集まるシイラや太刀魚も、

 

「シビトクライ」と呼んで、

忌み嫌う地方があると聞く。

 

ただ、

 

この地のキタマクラの場合は、

滅多に水揚げされないものの、

 

揚がると必ず数日中に、

同じ数の水死者が出るのだという。

 

そういうわけで、

 

漁師さん達はこれから揃って

御祓いを受けに行くとの事。

 

近くの海水浴場も、

(といっても2キロは離れているが)

 

遊泳域を浅瀬側に狭めて

対処するらしかった。

 

「海に近づかなければ大丈夫だろうから、

引き込まれないうちに帰った方がいい」

 

お終いにそう言われ、

 

釣果の代わりなのか、

口止め料のつもりなのか、

 

自分達は各々干物の入った

ビニール袋を持たされて、

 

ようやく家路に着いた。

 

翌々日の新聞には、

 

遊泳禁止区域でサーファーが溺死した

旨が報じられていたが、

 

小さな記事で、

それ以上の詳細はわからなかった。

 

自業自得の事故と言われれば

その通りだと思う一方、

 

やはり自分達があれを釣ったせいでは・・・

という思いが頭から離れず、

 

それ以来、四人全員ともが、

釣りをしなくなった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ