日替わりでやって来る幽霊

俺の空手部出身の先輩の話。

 

その先輩、心霊オカルト系が好きで、

ちょくちょく話題の心霊スポットに

行ったりしてたけど、最近様子がおかしい。

 

ワンルームに住んでいるのに

猫を飼ってみたり、

毎日バーボンをストレート飲んで

3日で空けてしまう。

 

この前、先輩の部屋で一緒に飲んでいたら、

部屋には半死の猫が3匹。

 

先輩はミッキーマウスのマグカップに注いだ

バーボンをストレートでガブガブ飲んでいる。

 

俺は「ここ猫とか飼っていいんっすか?」

と聞いたら先輩は、

「ああ・・・、猫は魔除けになるから」

 

しばらく沈黙。

 

「そんなに強い酒、

一気に飲んで大丈夫っすか?」

「いや、酔ってないと怖くて寝れないから」

 

その後、その先輩は

日替わりでやってくる霊の話を

ぼそぼそと語りだし、

俺はその不気味さに

「明日、早いんでそろそろ帰りますよ」

と言うと、先輩は

「頼むから朝までいてくれ。

今日は貞子の日なんや」

と半泣きですがってくる。

 

再び、腰をおろした俺だったが、

酔って先輩が寝てしまうと

ダッシュでその部屋から逃げ出した。

 

ちなみに先輩の部屋にやってくる

霊は以下の通り。

 

1、兵隊さん

ただの兵隊さん。

そんなに怖くないらしい。

 

2、893

ブツブツ言いながら部屋に侵入。

「お前、るっせーんだよ」

と言って先輩の頭を殴る。

 

3、ミグ

高速で部屋を横切る発光体。

 

4、貞子

足をつかんで部屋中を引きずりまわすらしい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ