金を貸してくれと言ってきた男の正体

コンビニ

 

当時、郷里を離れ、

ある会社の寮に入っていた。

 

寮は会社の近くだったが

毎日残業で遅くなるため、

 

帰宅後は服を着替えて夕食を買いに、

コンビニへ行くのが日課となっていた。

 

四月のある日、

 

その日もいつものようにコンビニで

買い物を終えて店を出ると、

 

中年の男に呼び止められた。

 

怪しい者ではないことをアピールするためか、

 

免許証らしきものを見せながら、

金を貸してくれと言ってきた。

 

詳しいことは忘れたが、

 

○市まで行かないといけないが、

電車賃が無いと言っていた。

 

(因みに、最寄り駅から○市までは、

所要時間1時間、運賃1500円くらい)

 

風貌と言い、言動と言い、

 

気味が悪かったが、

本当に困っているような感じもしたので、

 

ちょうどポケットに入っていた

数枚の釣銭を渡した。

 

金を返す為に電話番号と住所を

教えてほしいと言われたが、

 

三百円ほどだったので「あげる」と言って、

その場を去った。

 

それから一カ月が過ぎた頃、

 

いつものようにコンビニで買い物を終えて

店を出ると、

 

後ろから声をかけられた。

 

振り返ると、

あの男が立っていた。

 

また同じように金を貸してくれと言ってきた。

 

どうやらこちらのことは忘れている様子。

 

少しでもその男の言うことを

信用してしまった自分自身と、

 

同じ人間を二度も同じ手口で騙そうとする

その男に腹が立ったので、

 

無視して走って逃げた。

 

去り際に罵声を浴びせられた気がするが、

聞き取れなかった。

 

仕事に忙殺され、

 

そんなことなんかすっかり

忘れてしまっていた九月。

 

仕事を休んで免許更新センターに行くことに。

 

手続きを終え、

免許証が交付されるのを待っている時に、

 

ある写真が目に入った。

 

なんか見覚えがあるな~

と思いながらしばらく眺めていて、

 

ハッと気付いた。

 

あの時の男だった。

 

新しい免許証を受け取り、

寮へ帰る道すがら、

 

どうしようか迷ったが、

とりあえず交番に相談することにした。

 

というのも、

 

あの男が写っていた写真とは、

指名手配の写真。

 

それも、

殺人事件の指名手配写真だったから。

 

翌日、

 

自信はあったものの本当にあの男が

指名手配写真と同じだったのか・・・

 

仕事中ずっとモヤモヤしていた。

 

いつものように残業を終えて

寮に帰りテレビをつけると、

 

ちょうど特番の時期だったので、

指名手配者を取り上げた番組をやっていた。

 

しかも、すごく奇妙な偶然だが、

 

テレビをつけたちょうどその時、

その殺人事件の事を取り上げていた。

 

これには鳥肌が立った。

 

その番組の中では、

 

長年その男を追っていて

その男のことを熟知している、

 

という刑事が出ていた。

 

男がどんな逃亡生活を送っていると思うか

尋ねられた時、

 

刑事が言った一言で、

同一人物だと確信を持った。

 

「人の善意に寄生して生きているだろう」

 

コンビニ近くで金を貸してくれと言う男には、

くれぐれも気をつけて下さい。

 

その男は殺人事件で指名手配されている・・・

かも知れません。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ