丸くて白いものに人の顔を描いてしまう同僚

のっぺらぼう

 

これは、同僚の斉藤くんの話。※名前は仮名

 

ある時の会社の飲み会で、斉藤くんの隣になったことがありました。

 

飲み会はだいぶ盛り上がり、寝始める人や帰る人もいる中、お酒が強い私と斉藤くんはほとんど飲み比べのようになっていました。

 

しばらくして、ふと斉藤くんがグラスを乗せる紙の丸いコースターに“人の顔を描いている”ことに気が付きました。

スポンサーリンク

丸くて白いものを見ると怖くなる

随分と子供っぽいことをするなぁと思った私は、「それ何してるの?」と聞きました。

 

すると斉藤くんは、ああ、と返事をして、「酔っていると思って聞いて」と言いました。

 

「はなからそのつもりだよ」と私が答えると、斉藤くんはこんなことを言い始めました。

 

「実はさ、俺、昔からしょっちゅうのっぺらぼうを見るんだよ」

 

斉藤くんの地元は温泉街で、家にあるお風呂に入るよりも近所の温泉に行くことの方が多いような土地だったそうです。

 

斉藤くんは毎日夕方になると近所の同級生たちと温泉に行っていたのですが、温泉は朝の5時から開いており、たまに朝風呂に行くこともあったのだとか。

 

そんな彼が小学生の時、朝風呂に行くと一人のおじいさんが身体を洗っていました。

 

斉藤くんが「おはようございます」と背中に声をかけると、おじいさんは「あーい、おはよう」と答えました。

 

その声と喋り方で、近所のあのおじさんだ!と分かったそうで、自分もお風呂に入って身体を洗うことにしました。

 

しばらくして、斉藤くんが湯船に浸かろうとした時でした。

 

おじいさんがふと「キレイになったか?」と聞いてきたそうです。

 

声につられておじいさんを見ると、おじいさんは目も鼻も口も無かったそうです。

 

怖くなった斉藤くんは慌ててお風呂を出て、一目散に家に逃げ帰ったとのことでした。

 

この話を聞いて私が、「狐にでも化かされたんじゃないの?」と言うと、「それなら良かったんだけど・・・」と歯切れの悪い言い方をしました。

 

気になって詳しく聞いてみると、実はそのおじいさんはその日の夕方に警察に捕まったのだとか。

 

なんでも、前の日の夜に奥さんと口論になって殺してしまったそうで、斉藤くんと一緒にお風呂に入っている時にはすでに奥さんを殺した後だったとのこと。

 

「ニュースにもなったからビックリしてさ。それから俺なんか分かんないけど、丸くて白いものを見ると怖くなるっていうか、どうしても顔を描いちゃうんだよね」

 

そんなことを言いながらコースターに顔を描いている斉藤くんに、「へぇ~、不思議なこともあるね」と言っていたのですが、私はあることが気になっていました。

 

それは、斉藤くんが最初に言った言葉。

 

「実はさ、俺、昔から『しょっちゅう』のっぺらぼうを見るんだよ」

 

殺人を犯した人が、斉藤くんにはのっぺらぼうに見えるのだとしたら、彼は今までどれくらいののっぺらぼうを見てきたのでしょうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ