鳶職人のベテランと見習いの奇妙な会話

足場

 

鳶職の人をDQNと言ってはいけません。

 

彼らにも彼らなりの、

仕事の仕方があるようです。

 

ある日の夕方、

犬の散歩に出かけた時の事。

 

近所に古い家があるのですが、

ようやく改築する事になったらしく、

 

鳶職の人たちが足場を一生懸命に

組み立てていました。

 

「お疲れさまです」

 

と、心の中で言いながら

通り過ぎようとしたら、

 

ちょっと面白い話が聞けました。

 

ベテランの鳶らしい

50代ぐらいの職人さん(A)と、

 

いわゆるDQNと呼ばれるような、

 

金髪の派手な鳶職ズボンをはいた

20代前半の職人見習い(B)の会話。

 

A「こういう家に足場組む時は、

ぼけっとしてちゃダメなんだよ。

 

(命綱)があっても

しっかりしとけよ」

 

B「はぁ・・・。分かりました」

 

A「ぼさっとしてると引っ張られるんだよ。

それで転落したらまずダメなんだ。

 

あとな、何か変なもん見つけても、

トラ(トラック)にぶち込んどけ。

 

もしたら(燃やしたら)同じだ」

 

B「引っ張られるってのは何すか?」

 

A「引っ張られるんだよ。

あっち側に。

 

ああいう端っこが危ねえな。

気張ってやれよ」

 

B(釈然としない感じで)・・・はぁ。

じゃあ縛ってきます」

 

A「おう。しっかり縛れよ。

手ぇ抜くな」

 

夕暮れ時に聞いた、

ちょっと奇妙な会話でした。

 

古い家の解体の時には

こういう作法があるのだと、

 

妙に納得した次第です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ