ストーカーに狙われている彼女

ストーカー

 

『もしもし、今電話だいじょぶ?』

 

「大丈夫だよ。どうしたの?」

 

彼女の抑えたような声を聞きながら、

俺は欠伸を噛み殺した。

 

『実は今、私、

つけられてるみたいなんだ』

 

彼女の一言に、

一気に眠気が吹き飛ぶ。

 

「えっ、本当?」

 

『うん、駅からずっと

ついて来てるみたいなんだけど・・・』

 

「それってこないだ言ってた

ストーカーって奴?」

 

つい先日、

彼女はストーカーの被害に遭っている。

 

自分が出したゴミを漁る、

不審者を見たのだ。

 

『違うみたい。

 

この前の人は冴えないオジサンだったけど、

今ついて来てるのは若い人だから』

 

「そう・・・大丈夫?

家の人に迎えに来てもらったら?」

 

『今夜は家に誰もいなくて・・・

そうだ、ちょっと待って』

 

少しの間があき、

 

一転してやけに大きな声で

彼女が喋りだした。

 

『あ、迎えに来てくれるの?

帰るついでに?

 

じゃあパトカーで来るの?』

 

俺は思わず、

吹き出しそうになるのを堪えた。

 

これだから彼女が好きなのだ。

 

『えー、

 

普段は警察っぽくないんだから

たまにはそれっぽくしてよー。

 

はいはい、

じゃあよろしくね!』

 

彼女には確かに、

警察官のお兄さんがいる。

 

その兄が迎えに来ると

思わせようというのだろう。

 

『やった!上手くいったよ。

 

ついて来てた人、

途中でいなくなったみたい!』

 

はしゃいだ声で彼女は言った。

 

恐らく、たまたま途中まで

同じ帰り道の人だったのだろうが。

 

「本当?まだ心配だな・・・

そっちに行って家まで送ろうか?」

 

『ううん、

あと少しで着くから大丈夫よ。

 

心配かけてごめんね。

じゃあまたね、ミカ』

 

彼女は電話を切った。

 

俺は右耳に付けていたイヤホンを外す。

 

今夜、彼女はこの家に一人、

もうすぐこの道を通って帰って来る。

 

(終)

解説

彼女が電話で話していたのは、

男ではなく『ミカ』という女性。

 

「俺は右耳に付けていたイヤホンを外す」

 ↓

『盗聴している』

 

盗聴して会話を聞いている男は

冴えないオジサンストーカー。

 

そして最後の一文、

 

「今夜、彼女はこの家に一人、

もうすぐこの道を通って帰って来る」

 ↓

『冴えないオジサンが彼女の家で、

彼女の帰りを待っている・・・』

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ