猫をひき逃げした友人の異変

猫 野良猫

 

一年ほど前に、

友人が猫を轢(ひ)いた。

 

猫は執念深い生き物だから、

もし轢いてしまっても、

 

『罪悪感を持ったり、

可哀相と思ったりしてはいけない』

 

と友人は考え、

非情にもひき逃げをしたそうだ。

 

友人に異変が起こったのは、

それから数日経ってからだ。

 

いつものように真面目に

講義を受けていると、

 

どこからともなく「にゃ~ん」と、

猫の鳴き声が聞こえて来たのだ。

 

キャンパスには猫が多いが、

 

教室にまで鳴き声が聞こえて来ることなど

今までなかった。

 

不審に思って周りをキョロキョロと

見回してみると、

 

他の受講者は皆揃って

友人の方を見ているのだ。

 

(いぶか)しく思いながらも

講義に集中すると、

 

また「にゃ~ん」と聞こえる。

 

そんなことが、

その日から頻繁に起こり始めた。

 

授業の時だけではなく、

 

家に一人でいる時や、

仲間と飲んでいる時などにも、

 

ちょくちょく泣き声が聞こえるのだという。

 

そんなある日、

他の学生が友人に話しかけた。

 

「どうして○○さんは時々、

授業中に猫の鳴きまねをするの?」

 

友人は、びっくりした。

 

家に帰ってデジカメをセットし、

自分を数時間撮影した。

 

それを見てみると、

 

確かに自分が無意識に「にゃ~ん」と、

猫の鳴きまねをしているのだという。

 

轢き殺した猫の祟りだと恐れた友人は、

 

神社へ供養に行き、

猫を轢いた現場に魚を供えると、

 

この不思議な現象は治まったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ