病室から見える景色と二人の患者

病室

 

ある病室には、

 

二人の末期ガンの患者が

入院していた。

 

一人は窓側のベッド、

もう一人はドア側のベッド。

 

二人とも寝たきりの状態だったが、

 

窓際のベッドの男はドア側のベッドの男に、

窓の外の様子を話してあげていた。

 

「今日は雲一つない青空だよ」

「桜の花が咲いたよ」

「ツバメが巣を作ったんだ」

・・・・・・

 

そんな会話のおかげで、

 

死を間近に控えながらも、

二人は穏やかに過ごしていた。

 

そしてある晩のこと、

 

窓際のベッドの男の様態が

急変した。

 

自分でナースコールも出来ないようだ。

 

ドア側の男はナースコールに手を伸ばしたが、

ボタンを押す手を止めた。

 

「もしあいつが死んだら、

自分が窓からの景色を直接見れる・・・」

 

どうせ、お互い先の無い命。

 

少しでも安らかな時を過ごしたい

と思ったドア側のベッドの男は、

 

自分は眠っていたということにして、

窓側のベッドの男を見殺しにした。

 

窓側のベッドの男は、

そのまま死亡した。

 

晴れて窓側のベッドに移動した、

ドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、

 

打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ