得体の知れない真夜中の侵入者

玄関 鍵

 

先日のことです。

 

同棲している彼氏が

飲み会で遅くなるかもと言うので、

 

寝ないで待っていました。

 

しかし、

 

深夜2時を過ぎても帰らないし、

携帯はどうやら充電切れの様子。

 

(終電までには帰るって言ったくせに!)

 

呆れてムカついたので、

先に寝ることにしました。

 

布団で目を瞑り、

 

ああ、もう少しで寝れそう・・・

という時に、

 

玄関の鍵が開く音がしました。

 

(今頃帰って来やがって!)

 

私はそのまま、

寝たフリを決め込むことにしました。

 

電気を点けないまま、

ゴソゴソと衣擦れの音がしました。

 

荒い呼吸からは、

アルコールとタバコの匂いが伝わり、

 

私はますますイライラしました。

 

彼は酔って帰るといつも求めてくるのですが、

今日は絶対に断ろうと思っていました。

 

ギシ、というベッドが軋む音と、

足元の辺りが沈んだことで、

 

彼が布団の中に入って来ようと

しているのが分かりました。

 

そして彼が私の上に

四つん這いの形になった時、

 

ようやく気付きました。

 

(・・・この人、誰?)

 

私の彼氏はアンガールズ並に、

ガリガリのやせ細った体型です。

 

その時に私に触れていた肌は、

ヒンヤリと柔らかい贅肉の感触がありました。

 

恐る恐る目を開けると、

 

見たこともない40前後の太った男が、

口にハサミを咥えて私を睨んでいました。

 

しかも、全裸で。

 

(あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!!)

 

悲鳴を上げようとしたのですが、

声になりません。

 

私は必死にもがいて、

どうにかベッドから転がり落ち、

 

12月の寒い中、

 

部屋着のまま裸足で外に

飛び出しました。

 

アパートの玄関辺りで、

帰ってきた彼氏と鉢合いました。

 

パニックで上手く声が出ませんでしたが、

なんとか状況を説明しました。

 

二人で部屋に戻ると、

そこにはもう誰もいませんでした。

 

フローリングの床が水浸しで、

 

台所の食器には、

赤っぽいものが付着していました。

 

その後はしばらくホテル暮しをし、

少し離れたアパートに引っ越しました。

 

それにしても、

 

男がどこから鍵を手に入れたのか、

未だに分かりません。

 

(スムーズにドアは開いていたので、

ピッキングではないと思います)

 

置き鍵なども一切していないし、

彼と私の分しか合い鍵はありません。

 

新築の賃貸マンションだったので、

 

私たちより以前には、

誰も住んでいないはずですし・・・

 

それからはアパートの大家さんに断って、

4ヵ月毎くらいで鍵を付け替えています。

 

彼が早く帰るようになったので、

結果的には良かったのですが・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ