赤い毛布を被った男が訪ねて来た

毛布

 

昭和初期にあった出来事。

 

ある日の夜10時頃、

福井県の民家に一人の男が訪れた。

 

来客かと思い、

家の主人が玄関に行くと、

 

頭から赤い毛布をすっぽり被り、

本家の提灯を持った男が立っていた。

 

暗いのもあって、

顔は見えない。

 

男は言った。

 

「本家で急病人が出ました。

急いで来て下さい」

 

驚いた主人は、

すぐに男と出て行った。

 

2時間後、

 

残された妻が二人の子供を寝かせていると、

再び戸を叩く音がする。

 

出ると、

先ほどの男であった。

 

「病人は明日の朝までもちそうもありませぬ。

旦那様が奥様をお呼びです」

 

妻はこれは大変と子供を隣家に預け、

男と共に出て行った。

 

さらに2時間後、

今度は隣家の戸を叩く音がする。

 

その家の妻が出てみると、

再び赤い毛布を被った男が立っていた。

 

男は言った。

 

「夫妻が子供を呼んできて欲しい

と言っていますので、

 

子供を出して下さい」

 

しかし、

隣家の妻は答えた。

 

「もう夜更けです。

 

二人ともよく寝ていますし、

明日でもいいじゃありませんか」

 

男は夫妻が呼んでいるからと頼んだが、

結局は断られ、去っていった。

 

翌日、近くの橋のたもとで、

斧で惨殺された夫妻が発見された。

 

男の正体や行方は今も知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ