今までで一番怖かった話を聞かせて

幽霊

 

私はオカルトが大好きです。

 

でも私自身には霊感などは全く無く、仲良くなった人と怪談話で盛り上がるのが好きでした。

 

この話は今まで生きてきて一番怖かった体験です。

スポンサーリンク

だから言いたくなかったのに・・・

友達の紹介で知り合った男性の伊藤くん(仮名)と仲良くなり、二人で度々会うようになりました。

 

といっても、ファミレスでくだらない話を何時間もする、という類のものでした。

 

ある日、何かの話の流れで「幽霊とか見たことある?」と伊藤くんに尋ねました。

 

すると伊藤くんは「幽霊とか信じてるの?自分は見たことあるの?」と、なぜか真剣な顔で返してきました。

 

もしかして失礼だったかな?と思い、「私は全然見えないよ。ただ怖い話が好きなだけ」と正直に答えました。

 

それを聞いた伊藤くんは、「信じてもらえなくてもいいけど、俺は見えるよ」と答えました。

 

それ以降、伊藤くんは私がどうしてもと聞く時のみ、自分が見たことのある霊の話をしてくれるようになったのです。

 

しばらくして、私は「伊藤くんが今までで一番怖かった話を聞かせて」と言いました。

 

しかし伊藤くんは「それは教えられない」と、決してその話をしようとしませんでした。

 

そう言われるとどうしても聞きたくて、私は伊藤くんに会う度に「話して話して」とせがんでいました。

 

そんな私に根負けしたのか、とうとう伊藤くんは話してくれました。

 

「今まで自分が見て一番怖かった霊は、自分だよ」と。

 

伊藤くんは両親や兄弟、仲の良い友達、そして自分の霊を見たことがあるそうです。(もちろん皆さん健在)

 

それも、現在の姿ではなく、年老いた姿で現れ、「俺(私)は、○○歳で死ぬ」と呟き、そして笑うそうです。

 

もちろんこの話は怖かったのですが、私にはとても信じられる内容ではありませんでした。

 

ただ、一つ気になることがありました。

 

そして、それを聞かずにはいられませんでした。

 

「もしかして・・・私も来た?」

 

伊藤くんは少し躊躇った後、頷きました。

 

その直後、私たちが肘を置いていたテーブルがガタガタと震え始め、グラスに入った水が揺れました。(地震ではなく、周囲を見ても私たちのテーブルだけが揺れていた)

 

しかも、肩が鉛を背負ったみたいに重くなっていき、体が全然動かなくなりました。

 

そして伊藤くんは言いました。

 

「今もいるんだよね、○○ちゃん(私)の隣に○○ちゃんが。だから言いたくなかったのにな」

 

今思い出しても本当に怖いです。

 

その時に痛感したのですが、私は怖い話や幽霊話が大好きと自分で言いながら、実際には全く信じていなかったのかもしれません。

 

もちろん伊藤くんの話も。

 

それから色々あり、今は伊藤くんとは連絡を取っていません。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “今までで一番怖かった話を聞かせて”

  1. 匿名 より:

    色々って言うのはまた怖い話絡みなんかね?
    それ絡みで決定的な事柄があったとか…?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ