東尋坊の断崖絶壁にまつわる話

東尋坊 崖

 

毎年”降誕会”の辺り(4月8日)に、北国海路に吹きすさぶ強い風を『とうせん坊風』と呼ぶが、これは岩手県花巻地方にある高松寺に縁があると(伝説上では)言われている。

 

※降誕会(ごうたんえ)

釈迦の誕生を祝う法会。

 

昔、この寺に宗元という、とてつもなくろくでなしの外道坊主がいた。

 

この坊主がある日、「我に大力を授けたまえ」と祈ると、霊験があったらしく、口の中に玉が入るという真に不思議な夢を見た。

 

※霊験(れいげん)

神仏の不思議で測り知れない力のあらわれ。祈りに対して現れる利益(りやく)。

 

その日から、宗元は怪力を得てしまった。

スポンサーリンク

死んでなお執念深く・・・

仏様の願い通り、この力を、怪力を、世のため人のために使えばいいものを、この宗元は性の悪いイタズラに使うようになり、ついには「鬼宗元」と言われて嫌われるようになった。

 

春、宗元が近くの町にある高水寺へ花見に行くと、桜の老木が今を盛りと花をつけていた。

 

宗元はこれでイタズラしてやろうと、怪力でこの巨木を捻じ曲げ、自分はその幹に腰を下ろし、何食わぬ顔をして人々が集まってくるのを待った。

 

童や女がこの花を不思議に思って寄って来た瞬間、宗元がひょいと腰を上げると、この桜の木は物凄い勢いで跳ね返り、それで何十人もの死人が出てしまった。

 

こんな悪事を働いて、さすがにここに居られるわけがなく、宗元はこの地を逃げ出し、能登の動石(いするぎ)山に隠れ、「とうせん坊」と名を改めた。

 

ところが、ここでも悪行を重ね続けた宗元は、この地からも逃げ出し、越前の三国の浦に逃れた。

 

しかし、ここでも宗元の悪行は収まらず、それどころかますます外道っぷりを極めるようになってしまい、この地の人々は非常に苦しめられた。

 

「もはやこの鬼を生かしてはおけぬ」と、この浦の人々は決意し、卯月(4月)の8日、花見だと偽って宗元を”ある断崖絶壁”に呼び寄せた。

 

何も知らぬ宗元が策に嵌って泥酔し、足腰が立たなくなったところで、決死隊の若者4人が飛び出し、自らを道連れにして宗元を崖下へと突き落とし、ついに討ち果たすことに成功した。

 

しかし、この宗元はどこまで外道なのか、死んでなお執念深く海の怪異となって生き続け、時化を狂わせるようになり、今に恐れられる『とうせん坊風』となったのである。

 

※時化(しけ)

強風などの悪天候のために海上が荒れること。

 

この宗元が突き落とされ、若者4人が死んだ断崖絶壁こそが、自殺の名所と世に名高い福井県坂井市の『東尋坊の絶壁』だということである。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ