36名の女子生徒が溺死した中河原海岸

中河原海岸

 

三重県津市にある中河原海岸。

 

第二次世界大戦中の

昭和20年(1945年)7月28日。

 

米軍の空襲を受け、

250名もの人間が命を落とした。

 

火葬しきれない遺体は、

この海岸に埋められたと伝えられている。

 

そして10年後の同じ日、

昭和30年(1955年)7月28日

 

この場所で水泳訓練を実施していた

中学校の女子生徒36名が溺死した。

 

生存者はわずか9名。

 

一度に出た水難事故死としては、

現在までも日本最大である。

スポンサーリンク

本当に亡霊による仕業なのか・・・

(みお)によるものとされているが、

生存者の証言によると、

 

もんぺ頭巾の姿をした『亡霊』が、

海に引きずり込んでいたという。

 

※澪(みお)

干潟や河口とその付近、湖沼で溝状になっている凹地。水流によって砂や泥,石などが除かれ,そこだけ水底が深くなっている。

 

これは一人だけでなく、

生き残った生徒のうちの5人が証言した。

 

多数の同時証言が取れているので

疑う余地はなく、

 

空襲で死んだ人たちの怨念が、

海に引きずり込んだ以外に考えられない。

 

また、その後も事故が絶えず、

現在は遊泳禁止となっている。

 

橋北中学校水難事件(wikipedia)

 

※事件当時の写真は毎日フォトバンク)からキーワード「中河原海岸」で検索すると十数点の関係写真を見ることができます。

 

※奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ)で放送された映像

※音が出ます

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ