女遊びが激しい叔父を説教中に

玄関 引き戸

 

僕が子供の頃、

叔父が浮気をした。

 

女性関係が荒い叔父で、

浮気はしょっちゅうだったけれど、

 

さすがに今回ばかりは僕の母がキレた。

 

(叔父は、母の妹の旦那)

 

父も叔母を可愛がっていた為マジギレで、

一族集めて『吊るし上げ会』が開かれる事に。

 

場所は叔父宅。

 

そこは閑静な田舎町。

 

その時、叔父と叔母の子供たち(小学低学年)

に聞かれては教育上よろしくないと、

 

僕が子供たちを引き連れて、

離れに篭る事になった。

 

昼過ぎから始まった吊るし上げ会は

なかなか終わらず、

 

夜になっても続いていた。

 

会が長引くので子供たちを寝かしつけ、

それからの事だった。

スポンサーリンク

叔父宅に訪ねて来たもの・・・

深夜、少し喉が渇いたのと

微かな物音に目が覚めて、

 

台所に行った。

 

途中、物音がした事を思い出し、

 

「親が来たかな?」と玄関を覗くも、

人の気配は無い。

 

冷蔵庫から炭酸飲料を取り出し、

寝室に戻ろうとした時・・・

 

また物音がした。

 

再び玄関を覗くと、

引き戸が僅かに開いている。

 

さっき見た時は閉まっていたはず・・・

 

何となく嫌な予感がしつつも、

閉めなければと引き戸に近づいた。

 

玄関も表も明かりは消え、

ほぼ暗闇の状態。

 

怖いので下を見ながら戸に手をかけると、

開いた戸の隙間に何かが出現した。

 

黒いエナメルのパンプス。

 

その尖ったつま先が、

 

戸を閉められないようにするかのように

グイッと差し込まれてきた。

 

ビックリして目を上げると、

 

僅かに開いた戸の15センチほどの隙間から、

女が覗いていた。

 

目が合った瞬間、

女の目の色が変わった。

 

でも、その時の僕は小学6年。

 

どうしていいか分からないまま、

ただ硬直していた。

 

女は合ったままの目を逸らさずに、

引き戸に手をかけた。

 

その瞬間、

全身に鳥肌が立った。

 

何とかしないと殺される!

 

とっさに手に持っていた炭酸飲料を、

女の目にぶちまけた。

 

悲鳴は無かったけれど、

女は後ずさりして戸から離れた。

 

間髪入れず施錠!

 

直後に『ガッ!』と物音が聞こえたけれど、

後は無音。

 

僕は離れに戻るのが怖かったので、

そのまま玄関で寝ることにした。

 

そして翌朝、

母の悲鳴で叩き起こされた。

 

なんでも、

 

玄関前に特大のやっとこが

突き刺さっていたらしい。

 

※やっとこ

鉄製の工具。物をつかむのに使用するもの。

 

子供たちを起こしにきた母は、

 

特大のやっとこと正体不明の液体が

飛び散った跡を見て、

 

朝から絶叫したそうだ。

 

玄関先にいた僕は、

何があったかを問いただされ、

 

起こった事を淡々と報告した。

 

状況を考えるに『女』の正体は・・・

 

そして吊るし上げは2日目に突入する。

 

今となってはちょっとした武勇伝として

笑って話せるけれど、

 

本当の恐怖は・・・

昨夜の女は叔父の『浮気相手』だった。

 

そして今、僕が通っている病院の

主治医でもある。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ