線路への飛び込み自殺が多い駅

駅 ホーム

 

私が通学する駅は、

とても自殺の多い駅だ。

 

そのせいか、

電車の“急停止”が非常に多い。

 

急停止が多いあまり、

学校や試験、会社に遅れても、

 

「電車が~」

「自殺があって~」

 

と言えば、

学校や会社は遅刻扱いにならない。

 

試験は余った教室で受けさせてくれる。

 

朝が苦手な人には好都合だった。

スポンサーリンク

そんな駅で私の目の前で起きたこと・・・

そんなある日、

 

何気なく駅のプラットホームに

ボーっと立っていたら、

 

いきなり肩を掴み「手伝うよ」と言われ、

線路に落とされそうになった。

 

そいつの服装はきれいなスーツ姿に、

顔は普通の20代後半くらいの人。

 

しかし、口角が異様につり上がって、

やけに不気味に感じた。

 

私は高校で柔道部に入っていたので、

とっさに男を線路側へ投げた。

 

が、すぐに「しまった・・・」と思った。

 

正当防衛だったと言えば何とかなる、

とビクビクしながら考えていたが、

 

なぜか線路には男の姿は無かった。

 

気味悪いと思ったが気にせず電車に乗り、

いつも通りに学校へ向かった。

 

そして私は高校大学と無事に卒業し、

一般社会人として世に出た。

 

高校の頃の『そんな事件』も

忘れかけていたある日・・・

 

会社へ出勤するために駅に行った時だった。

 

混んでいたせいで、

私は後列に並んでいた。

 

そして何気なく前列の方を見ていたら、

小柄な男子高校生らしき人が並んでいた。

 

・・・すると、

 

その高校生の後ろから、

きれいなスーツ姿の男が近づき、

 

高校生の耳元で何かを言った後、

肩を掴んで線路へ走り出した。

 

私は思った。

 

5年前と髪型や姿、身長、顔の全てが

同じ人はいるのだろうか・・・

 

私は男を擬視した。

 

その時、一瞬後ろを向いた男と目が合い、

口角があの時のようにつり上がっていた。

 

わずか2~3秒のことだったが、

30分のような長い時間に思えた。

 

ハッと我に返ると、

周囲からは悲鳴や叫び声が聞こえてきた。

 

また自殺らしい・・・

一人の男子高校生の。

 

私は上司に「遅れる」と電話をかけた。

 

ちなみにその後も自殺は減らないという。

 

原因は一体何なのだろうか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ