囚人に掘らせたというトンネル

トンネル

 

10年ほど前の話になるが、就職したばかりで俺は会社の寮に入っていた。

 

当時つるんでいた先輩や友人らと計4人でドライブへ出掛けることに。

 

先輩の車で。

 

行った先は、東北のM市から秋田に抜ける峠道。

 

新道はバイク乗りが集まっているところだったが、先輩が向かった先は旧道の方だった。

 

そこは洒落にならない道だった・・・。

スポンサーリンク

かなりヤバイ目に遭っていた

舗装していないどころか、藪だらけで前も禄に見えない程の車一台通るのがやっとの道。

 

よりによって先輩は、愛車のスカイラインで豪快にそんな道を走らせた。

 

登った先にはトンネルがあった。

 

岩をそっくり刳(く)り貫いたようなトンネル。

 

時間にすれば午前1時を回っていたと思う。

 

以前から『囚人に掘らせたトンネルがある』という噂は聞いていた。

 

ライトに照らされたモヤが動くと、まるで沢山の人が動いてるように見えた。

 

俺は早く戻りたかったが、Uターンなんか出来る広さではない。

 

トンネルを抜けてこの道を進むしか道がないし、先輩は車をトンネルに入れた。

 

先輩や友人は「おっかねえ~」とはしゃいでいた。

 

俺はそれどころではなかった・・・。

 

なぜなら、モヤが車の中まで入り込んでいる。

 

信じられないくらいの湿気が体に纏わり付き、ベタベタとしている感じで体も動かせない。

 

はしゃいでいる周りを見ながら、早くまともな道路に抜けて欲しいと思っていた。

 

トンネルを抜け、藪の中を抜け、やっと車は国道に戻った。

 

気分もいくらか楽になり俺は一息ついたが、考えが甘かった。

 

県境を越えると、国道は川に沿って走る形になる。

 

しばらく走ると脇に『吊橋』があり、先輩は車を止めると言った。

 

「肝試しするべ」

 

冗談じゃない!と思った。

 

あんたの運転と、さっきのトンネルで十分肝試しじゃん!

 

そう言いたかったが、周りの雰囲気を壊したくなくて黙っていた。

 

先輩と友人一人が細い吊橋を渡り始めた。

 

“根性あるなあ”と関心した。

 

ここは結構自殺者が出ているところだった。

 

俺ともう一人の友人は車に残って先輩らを見ていた。

 

臆病者と言われたけれど・・・。

 

友人はどうだったか知れないが、俺にはぼんやりと見えていた。

 

橋を渡ってこちらを見ている先輩らの横に、もう一つの影が並んでいた。

 

先輩らは最後まで気付かなかったようだが・・・。

 

この日はこれで終わった。

 

何事もなく。

 

それからしばらくして、先輩が車で事故をした。

 

車は大破したが、幸い怪我は無かった。

 

懲りずにまたスカイラインを買ってしまうくらいに。

 

ただ・・・、そのすぐ後に先輩の親父さんが亡くなり、先輩は仕事を変えなければならなくなった。

 

事故の借金や親父さんの葬式で金がかかったみたいで。

 

先輩と吊橋を渡った友人の一人は死んだ。

 

バイクの事故だった。

 

外傷は無かったが、事故のショックで心臓麻痺起こしていた。

 

そして病院に担ぎ込まれてしばらくして・・・。

 

元々このバイクは、俺が友人に譲ったものだった。

 

譲った直後に友人は事故で死んだ。

 

バイク事故で死亡のニュースが報道された時、知り合いは俺の事だと思ったらしい。

 

もしかすると、友人は“俺の身代わり”になったのかも知れない。

 

向こうの親に合わせる顔がなかった。

 

もう一人の友人は、肺気腫で仕事中に倒れて入院するハメに。

 

とうとう俺はノイローゼ気味になり、行方をくらました。

 

挙句の果てには自殺未遂まで。

 

今の俺からは想像もつかないが・・・。

 

どこまで”あの肝試し”が関わっていたのか分からないが、あの夜から僅か半年の間にこれだけの事が起こった。

 

今でも俺の手首には、薄っすらとリスカの痕が残っている。

 

後日談

この肝試しの直後、俺は寮を出てアパートに移った。

 

ちょうど友人がバイク事故を起こした直後だったかな。

 

俺がノイローゼで姿を消す前後の話だ。

 

隣の部屋は同僚だったが、俺の部屋の前を通る度に「なんでこいつ線香なんか焚いてんだ?」と思っていたらしい。

 

もちろん俺は線香など焚いていない。

 

今は常備しているが・・・。

 

俺はともかく、先輩や友人はオカルトが好きだったわけでもなかった。

 

この出来事で俺の人生はかなり変わった。

 

今は落ち着いているが、かなりヤバイ目に遭ったんだと思う。

 

そして、ちょうどこの頃だった。

 

母方の家系(叔母二人)が”拝み屋をやっている”ことを知ったのも・・・。

 

両親は俺が小さい頃に離婚していたからだ。

 

霊の類を頻繁に見るようになったのも、言われてみるとこれがキッカケだった気がする。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “囚人に掘らせたというトンネル”

  1. 丑三つ時の名無しさん より:

    以前霊障に随分悩まされた。助けてくれる人探したけど見つけられず。身内に拝み屋は羨ましい!

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ