怖 74巻(全20話)

研修センターの閉ざされたドア 2/2

前回までの話はこちら “ソレ”は薄汚れた浴衣に身を包んでいる。   浴衣の前は無様にはだけ、女性用の下着が見えている。   浴衣から伸びている腕と脚は痩せ細り、腹だけが異様な感・・・

研修センターの閉ざされたドア 1/2

  今から10年ほど前、私が大学生だった頃の話です。   私が通っていたのはかなり田舎の大学で、学生たちも地味な人が多かった。   そんな地味な学生たちでも4年生になる頃には卒業の為の単位も・・・

知らない番号からの着信

  ある日、知らない番号から電話がかかってきた。   電話に出てみると、おばさんの声で「佐藤さん?」と訊かれた。   でも、私の苗字は田中(仮名)。   私「いいえ、違います」 &・・・

繰り返された虐待の果て

  俺には安達(仮名)という名の友達がいた。   小学生の頃はよく一緒に遊んだ。   安達は良いやつだった。   何歳の頃だったか覚えていないが、誕生日会に呼ばれた。  ・・・

遺影の中で笑顔になった親友

  5ヶ月前の成人式の時、俺は『遺影』を持って行った。   中学の時、心臓発作で死んだ近所のツレの遺影。   そいつと俺は親友同士で、毎日のように遊んでいた。   そんなツレと、こ・・・

上京した親友からの誘い

  俺には高校時代からのAという親友がいた。   少しクセのある奴だったが兄弟のようにいつも二人でいて、お互いを理解し合っていた。   目指す道はそれぞれ違ったが、「どんなに年を取ってもいつ・・・

山頂の廃墟別荘で肝試しのつもりが

  今まで生きてきた中で一番怖かった体験を話したい。   もう10年以上前の出来事になるが、当時の俺は都内で学生をやっていた。   地元はとある田舎だが、その地元には気心知れた友人が何人かい・・・

サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ