深夜2時、街灯の下に佇む母と子

夜の街灯

 

10年ほど前の出来事。

 

当時はいつも夜遅くまで遊んでいて、その日も自宅に帰り着いたのは深夜の2時頃だった。

 

ちょっとジュースでも飲もうと、自宅前の自販機に小銭を入れて何を買おうか迷っていたら、ふと人の気配を感じた。

 

すると、10メートルほど先の街灯の下に、親子のような2人組いることに気付いた。

スポンサーリンク

俺が見たものは何だったのか?

髪の長い母親と思わしき女性が傘を差し、カッパを着た幼稚園児くらいの子供の手を握り、ずっと街灯の前にある家の方を向きながら佇んでいた。

 

「何してんだ?」と頭を捻りながらも、そこまで気に留めることもなく、ジュースを買って自宅に帰った。

 

が、部屋でゴロゴロしている時、ハッと気付いた。

 

雨なんか降っていなかった。

 

それに、こんな時間に子連れ・・・。

 

なんだか急に怖くなり、その日は明かりを点けたまま寝ることに。

 

翌朝、母親にそのことを話すと、かなりビックリしていた。

 

なんでも、その街灯の前にある家の奥さんは、3年ほど前に子供を連れて蒸発したらしくて。

 

母親は、「帰って来たのかねぇ」と言っていたが・・・。

 

その後は特に何の情報も無く、また何日か過ぎていった。

 

それから1ヶ月ほど経った頃、市役所にある使用禁止の焼却炉から『燃え残った人間の骨』が見つかった。

 

しかも、その骨の残骸は2人分あるらしくて、大人と子供のものだったという。

 

焼却炉は当時からさらに5年ほど前には使用禁止にされていたので、いつ燃やされていたのかも、誰の骨なのかも特定は出来なかった。

 

ただ、母親たちの間では、その街灯の前にある家の”主人”を疑っていたが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ