怖 75巻(全20話)

スポンサーリンク

七月七日の雨の晩に訪れた妊婦

  小学校のクラスメートに一郎(仮名)というのがいて、父親は地元の名士で有名な産婦人科医だった。   外壁に蔦が張っていて、かなり古い二階建ての洋館を病院にしていた。   近所の子供たちの間・・・

織姫と彦星は毎年会うことが出来ない理由

  オカルト要素は一切無いが、七夕にまつわる現実的な怖い話を。   織姫(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)は1年に1回会うのが定番となっていますが、2人の間の距離は最大で『約14.4光年』も・・・

短冊に書かれていた少女の切ない願い事

  今年で9歳になる美咲ちゃん(仮名)は、去年の七夕の日に笹で指を切ってしまった。   傷は大したことなかったのだが、運悪くバイ菌が入ったらしく、傷口が化膿し始めた。   慌てて医者に見せた・・・

嫌われ者の婆さんの火葬にて

  今はもう廃村になってしまった小さな集落の話。   当時はまだ、火葬は山で野火送りで行われていました。   村で強欲や残虐、非常識で有名だった独り者の婆さんが亡くなった時、祖父や村の人らが・・・

深夜2時、街灯の下に佇む母と子

  10年ほど前の出来事。   当時はいつも夜遅くまで遊んでいて、その日も自宅に帰り着いたのは深夜の2時頃だった。   ちょっとジュースでも飲もうと、自宅前の自販機に小銭を入れて何を買おうか・・・

山の『物の怪』は珍しいものを好む

  うちの爺さんは若い頃、当時では珍しいバイク乗りだった。   金持ちだった両親からの何不自由ない援助のおかげで、燃費の悪い輸入物のバイクを暇さえあれば乗り回していたそうな。   ある時、爺・・・

長期間の航海実習にて起きた悲劇

  商船の高等専門学校に通っていたお爺ちゃんから聞いた話。   学校では卒業前に『航海実習』というのがあるらしく、その実習をしなければ卒業出来ないそうだ。   その実習とは、航海訓練所という・・・

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ