患者にだけ見えている世界

病室

 

私は過去に、ある精神科病院で医師をやっていた。

 

その病院には重度の精神病患者達が集められている。

 

こういった所で働く人の平均寿命は、激務ゆえ一般のそれより短い。

 

私のところには、優秀な助手がいた。

 

彼は患者からも人気が高く、仕事も良くやった。

 

ところで、彼は面白い持論を持っていた。

 

彼が言うには、「統合失調症は精神の病気ではなく、実は我々正常な人には見えていない世界が存在し、統合失調症患者にはその世界と我々の世界が混ざって見えている為、行動や思考がおかしくなるのではないか?」というものであった。

スポンサーリンク

間もなく私はこの仕事を辞めた

科学をやる者からしたらとんでもない理論であったが、彼は結構それを信じていた。

 

私は、「面白い意見ではあるね」と聞き流していた。

 

ある日、その彼が物凄い勢いで私のところに来て、「凄い事が起こっているから見に来て欲しい」と言った。

 

私が見に行くと、二人の患者がフリールームで会話をしていた。

 

確かに重度の精神病患者が会話を行うことは珍しいと思ったが、彼らの会話は両者の辻褄が全く合わない独り言であり、それは会話ではなかった。

 

「なんだ、珍しくないじゃないか」と思ったその時、はっとした。

 

彼らの発言には繋がりがあったのだ。

 

ただ、会話としては成り立っていない。

 

しかし、彼らが二人ではなく複数で会話しているとしたらどうだろうか。

 

そう思ってみると、彼らはあからさまに見えない一人を含めた三人で会話しているのである。

 

私は驚いたが、「これは偶然だろう」と助手に伝えた。

 

しかし助手は、「確実に見えない人がココには居る」と言って、もっと調べて見ると言い始めた。

 

彼はその日から、仕事よりもその『見えない世界の見えない人』を調べることに必死になっていた。

 

彼は私に、「いつかきっと自分にも見えるようになると思います。そうなれば現代社会を覆す大発見ですね」と言っていた。

 

そして、その日は突然やって来た。

 

彼は私のところに駆け寄ってきて、「見える。みえるみえる。ハハハハハ」と笑っていた。

 

私はそれからすぐに仕事を辞めた。

 

彼はまだあの病院にいる。

 

医師としてではなく『患者』となって。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ