廃墟で出くわした多弁な男

廃墟

 

フリーのカメラマンをやっている親戚が話してくれた出来事。

 

もう随分前に子供向けの怪談本の仕事で、心霊スポットの写真を撮るために関東近郊の廃墟を巡ったとか。

 

編集部の人間と二人でかなり密なスケジュールの仕事だったため、一つ一つは覚えていないが、そのうち一ヶ所で奇妙なことがあったそうだ。

スポンサーリンク

いるはずの男が写っていない・・・

午前中からある廃墟での撮影だったのだが、その建物内で男に出くわした。

 

非常に多弁な男で、聞くと地元の人間でこの廃墟には詳しいと言う。

 

正直なところ邪魔だったが、トラブルは避けたいので無下には出来なかった。

 

男は大きな身振り手振りで建物内の紹介や、それにまつわる話を興奮気味に話した。

 

“殺人死体遺棄現場”だったとかで、編集部の事前の説明とも一致していたが、妙に詳しく話すので眉唾だろうと聞き流していた。

 

とにかくよく動く男で、撮影中も遠慮なく被写体に近づくものだから、何枚かの写真には写り込んでしまったと思われるものもあった。

 

ボツ写真だろうが仕方ないと我慢して、男が解説しながら現場に指を指しているような写真も撮った。

 

その日、スタジオに戻り写真をチェックして驚いた。

 

男が写り込んでいるはずの写真が一枚もない。

 

あの指を指している写真にも、男が居たはずの場所には何も無い。

 

それ以外には特に異常無く、写真自体は普通に撮れている。

 

しかし、いるはずの男が写っていないのだ。

 

気味が悪いので、この場所はボツにしようと提案した。

 

同行した編集者がかなり怯えたこともあり、その写真が誌面に載ることはなかった。

 

事件の経緯はよく分からないが、加害者グループの一人はすでに亡くなっていたとか。

 

そして、親戚は最後にこんなことを言っていた。

 

もしかしたらあの出くわした男は、すでに亡くなっている加害者グループの一人だったんじゃないかな。

 

そしたら、あんな解説なんかして全然反省してないじゃないか。

 

それが一番怖いよ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ