アフリカに数年暮らした友人の話

アフリカ

 

アフリカに数年暮らしたことのある友人から聞いた話。

 

雨期、雨が降る前に強い風が吹く。

 

赤茶けた大地から立ち上る土埃で空が信じられないくらい美しい赤色に染まると、遠くから人々の歓声が聞こえる。

 

歓声は急速に近付き、あっと思う間に激しい雨が地面を叩きつけ、自らも声を上げて軒下に駆け込む。

 

アフリカに到着して半年、初めて雨期を経験した頃の話だそうだ。

スポンサーリンク

恐ろしい捧げものとは

その頃、街では選挙が行われた。

 

どこの国でもそうだが、議員になると利権が足元に転がり込んでくる。

 

貧乏人は金を、金持ちは更なる金を求めて、選挙に立候補する者はとても多い。

 

それは日本も同じだが、その国の選挙が日本と最も違っていたのは、そこに“呪術”が介在することだ。

 

呪術を扱うのは、「マラ・ブー」と呼ばれるイスラム教の宗教指導者。

 

マラ・ブーは地区毎に存在し、日頃から怪我や病気の治療などを行っている。

 

友人も入国早々に軽い擦り傷を負った際、訳が分からないまま地区のマラ・ブーの元に連れて行かれ、治療を受けたそうだ。

 

最も、マラ・ブーの吐き出した唾を傷口に塗られただけらしいが。

 

そのマラ・ブーが、選挙においては大きな役割を果たすことになる。

 

何としても当選したい立候補者達はマラ・ブーを訪ね、当選できるように呪術を依頼するのだが、その為には“ある捧げもの”が必要となる。

 

その捧げものとは、子供の頭部

 

特に大きな選挙では、何人もの子供の頭が必要になる。

 

金持ちの立候補者は専門の業者に依頼することで手に入れることが出来る(仕入先は分からない)が、貧乏人は自ら誘拐してくるしかない。

 

親が自分の子供を利用するケースもあるそうだ。

 

全てのマラ・ブーがそういう捧げものを求めるわけではないが、選挙時期、マラ・ブーがいる貧困地区では子供の死亡率が跳ね上がる。

 

友人が今でも時折夢に見る光景らしいが、雨上がりにぬかるんだ街路を車で走ると、街のあちこちに子供の死体が転がっている。

 

粗末な服に包まれた小さな身体には全て頭が無く、夢の中の友人は泣きながら街中を彷徨い続ける。

 

奪われた子供の頭を探して、いつまでもいつまでも泥を跳ね上げて走り続けるそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ