誰があなたの親を殺したのか覚えてる?

難民キャンプ

 

これは、黒柳徹子さんがユニセフ親善大使としてアフリカに行った時の話。

 

内戦で虐殺が行われたと言われていた国へ行き、難民キャンプを訪れた。

 

そこで出会った子供が孤児だと聞いた黒柳さんは、「誰があなたの親を殺したのか覚えてる?」と尋ねたが、子供は覚えていないと言った。

 

ところが数日後、「本当は顔を覚えているんだ」と子供が言い出した。

 

それを聞いた黒柳さんは、「じゃあどうして前に聞いた時はそう言わなかったの?」と尋ねたら、「だって、あの時の通訳の人だったんだもん・・・」と。

 

ユニセフ親善大使の通訳をやるような人だから、きっと優秀な人なんだろうが、そういう人でも虐殺に加担したのかと思うと、この先もその国は色々と大変なんだろうなと思った。

 

でも、そもそも黒柳さんはどうしてそんなことを聞いたんだろう。

 

なんだかもやもやして後味が悪い。

 

まあ、本人が作った話なんだろうと言われるとなんともしようがないが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ