13歳のアフリカ人の子との文通で

手紙

 

5年程前まで、私は色々な国の同じ年くらいの子と文通していた。

 

アフリカのどの国だったかは忘れたが、これはアフリカ人の子と文通していた嫌な思い出話。

 

当時その子は13歳で、私より年下だった。

 

何度か文通しているうちに、こんな手紙が来るようになった。

 

『あの、今度日本のお菓子をくれませんか?』

 

まぁ、それくらいはいいよねと、日持ちするおせんべい等を送った。

 

それからもそういったやり取りはあったが、要求がだんだんとエスカレートしてきた。

 

『携帯電話を送ってください』

 

『キレイなガラス食器を送ってください』

 

『宝石をください』

 

『パソコンをください』

 

『冷蔵庫をください』

 

それらの要求に困った私は「それは無理」と返信すると、その子は凄く怒る。

 

『何でくれないの?お金持ってるんでしょ!』と。

 

そんな事もあり、それっきりその子とは文通を止めてしまったが、アフリカの子と文通をすると“そういう事が結構ある”というのを最近になって知った。

 

もう誰とも文通をするつもりはないが、さすがに無理なものを要求されて理不尽にキレられると、年月が経った今でも少し気分が悪い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ