アフリカでの写真撮影

アフリカで写真撮影を

していた時のこと。

 

望遠レンズで

遠くを見ていたら、

 

大木(バオバブとかではない

普通の樹木)に、

 

地元の人たちが10人くらい

登って、下を見ていた。

 

下を見ると、

ライオンが呑気そうにいて、

 

その近くに帽子が1つ

落ちていた。

 

もう1回、

木の上を見ると、

 

登っている人たちはみんな、

 

落ちているのと同じ帽子を

被っているではないか。

 

「おやおや、

帽子を落としたが、

 

ライオンが下にいるので

取りに行けないらしい」

 

私は笑ってカメラから目を放し、

別の撮影に向かった。

 

(終)

解説

「登っている人たちはみんな、

 

落ちているのと同じ帽子を

被っている」

 

「みんな」帽子を被っている。

 

では、下にある帽子は

誰のだろうか?

 

誰かが帽子を落としたのではなく、

 

誰かがライオンに

食べられた結果として、

 

帽子だけが残った。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ