右手が何かに引っ張られた

一番最初に見たのは、

多分この時。

 

幼稚園の砂場で、

友達とトンネル作ってた。

 

両方から2人で手を入れて

砂を掻き出していたら、

自分の右手が何かにつかまれて

引っ張られた。

 

そんなに大きな砂山じゃなかったのに、

一気に肩まで引き込まれた。

 

砂山の下をくぐるような形で倒れ、

その拍子に砂山が崩れた。

 

砂山を壊したことが

周りの子の気分を害したらしく、

泣き始める。

 

泣き声の大合唱に

保母さんたちが集まってきて、

周りの子の「○○が壊した」

という合唱を聞き、

どうしてそんなことをしたのか、

と聞かれた。

 

腕を引っ張られたと

泣きながらも訴えたが、

信じてもらえなかった。

 

そのあと、

教室に戻る前に全員で手を洗う時、

袖を捲くったら・・・

 

右の手首のところに、

爪の食い込んだ痕が残っていた。

 

血が滲んでいたので、

保母さんが消毒してくれた。

 

保健室の入り口に、

ボブカットの女の人がいて、

消毒してもらってる私を見ていた。

ボーダーの半袖姿だった。

 

目が合うと、手を振ってきた。

口だけ笑って目が笑ってなかった。

 

でも、太ももから下が無かった。

 

驚いて泣き出して、

そのあとはちょっと記憶が曖昧。

 

家に帰った後、

怪我のことを聞かれて、

砂場で腕を引っ張られて

倒れたと答えたら、

 

いじめられてると誤解して、

母親が幼稚園に

報告の電話を入れてたのを覚えてる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ