向かいのマンションに住む女

5年以上も前の話ですが、

俺を含む三人で、

山本(仮名)のマンションへ

遊びに行ったときの話。

 

部屋で無駄話とかしていたら、

タバコの煙を追い出そうと、

山本が窓を開けた。

 

山本はタバコを吸わないので、

部屋に臭いが篭るって

神経質になっていた。

 

そしたら、山本は開いた窓辺で

じ~っと立って動かない。

 

「どうした?」って聞いたら、

山本は「いや・・・、ちょっとあれ」

 

山本は、向かいのマンションの

窓を指差した。

 

たしか、同じ階の窓だったと思う。

(一段下に見えたが)

 

女の人が窓を開けて、

カーテン越しにこっちを見ている。

 

別に不思議でも何でもなかったが、

山本は、ちょっと変だった。

 

急に山本が叫んだ。

「おい!あれ!」

 

俺たちはもう一度、

窓に寄ってその女の人を見た。

 

「あれがどうした?」

「でかすぎる!」

 

俺たちは、やっと山本が感じていた

違和感に気づいた。

 

「ええ~!」

誰かが叫んだ。

 

その窓の大きさは、

人間が出入り出来るぐらい大きい。

 

左右に開かれたカーテンからみても、

その女性の大きさは以上。

 

頭は、24インチの画面ぐらい

あることになる。

 

とっさに窓を閉め、四人で震えていた。

 

一時間ぐらいして、

そ~っと窓から覗くと、

向こう側の窓も閉まっていて、

見ることは出来なかった。

 

目の錯覚にしてもリアルな感じがする、

めちゃくちゃ怖い体験だった。

 

山本は、今でも

そのマンションに住んでいます。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ