彼の部屋に泊まった時に体験した話

和室

 

これは、一人暮らしをしている彼の部屋に泊まった時に体験した話です。

 

夜21時頃、彼が友達に呼び出されて出掛けて行きました。

 

私は先に寝ていようと思い、布団に入ってゴロゴロしたり携帯を突いたりしていました。

 

そして彼が出掛けて1時間ほど経った時、いきなり彼のエコーがかった声で「アヤコ~アヤコ~」と私の名前を呼ばれました。(名前は仮名)

 

ですが、彼はまだ帰って来ていません。

 

私はすぐに、「これはヤバイやつだ!」と思いました。

スポンサーリンク

彼の部屋は不気味

金縛りにはならなかったので、声のする方とは逆の方に体を向けて布団にくるまり、ひたすら無視しました。

 

しかし、声はだんだんと近づいてきて、しまいには頭に直接語りかけてくる。

 

「絶対に返事をしてはいけない」と強く思いました。

 

しばらくした頃、声が聞こえなくなりました。

 

私は壁の方を向いて、そっと布団の隙間から壁を見ていた。

 

ちなみにですが、布団は壁から数センチ離れています。

 

もう大丈夫かな?と思った瞬間、私の目の前を透き通った足が歩いて行きました。

 

横になっていたせいで、ふくらはぎまでしか見ていないのですが・・・。

 

その日の不可解な体験はそれで終わりましたが、他にも色んなモノを見たり聞いたり金縛りに遭ったりと、彼の部屋は不気味です。

 

彼も何度かそういった体験をしているようでした。

 

今はその不気味な部屋で同棲しているのですが、最近はこれといった不可解な現象はありません。

 

これは聞いた話で本当かどうかは分からないのですが、数十年前にこのアパートの1階で火事が起き、2人が亡くなられたとか。

 

そして、私達が住んでいるのはその真上の部屋になります。

 

(終)

 

類似した別のお話

先の体験談と似たような話をよゐこの濱口がしていた。

 

付き合っていた彼女と同棲していた頃、仕事を終えて帰ると、彼女が怯えながら「本物の濱口君?」と訊いてくる。

 

何事かと話を聞くと、濱口が仕事に出て行った後、彼女がベッドで寝ていたところ、数分もしないうちに濱口の声をした何かが「ただいまー」と言って部屋に入ってきたという。

 

その何かは「起きてえな、帰ってきたで」と彼女にしつこく声をかけてくるが、これは返事をしたらやばそうだと判断した彼女は、ずっと知らんふりをしていた。

 

その何かはそのうち諦めて去ったが、本物の濱口が帰ってくるまで計5回、同じようにして現れて彼女に声をかけ続け、最後には「やっぱバレたか」と言い残して消えたという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ