震災後に家賃が半額以下になった部屋

流し台

 

俺自身が体験した話。

 

関西に住んでいるのだが、

 

震災後に急に家賃が下がったという

アパートに入居した事があった。

 

風呂無しの1Kで、

駅から徒歩15分で月2万5千円。

 

震災前は月6万円くらいだったらしい。

 

オカルト風な『訳アリ』というよりは、

 

全壊とか半壊やらのそっち系で、

値段が下がったと思っていた。

 

ちょっと荒んでいた俺は、

 

「家崩れて死んだら死んだでいいや。

どうせ俺なんか・・・」

 

くらいに思って契約。

 

特に何も無かったんだけれど、

ある時に流し台の下の収納を開けたら、

 

赤いビニール紐と赤いテープで縛った

ダンボール箱が入っていた。

 

「何だろなコレ?」

 

と思って引っ張り出して中を見たら、

拳大の石がぎっしり入っていた。

 

一瞬ゾクっとしたけれど、

 

特に御札も貼っていないし、

呪文みたいのも書いていない。

 

「訳わかんないけどまあいいや」

 

と思って、

外でバラして捨てた。

 

捨ててから2日間くらいは、

 

「怪談だと、

この後に何か起こるんだよなあ」

 

などと思いながら、

ちょっと気にしていたけれど、

 

特に何も起こらなかったので、

忘れて過ごしていた。

 

そして、1ヶ月後。

 

なんとなく流し台の下を開けたら、

またダンボール箱が入っていた。

 

前と同じ様に、

赤い紐と赤いテープで縛ってあった。

 

戻って来たみたいに・・・

 

元から2つあったなんて事は、

絶対に無い。

 

そして、

誰にも合鍵を持たせていないし、

 

当然だが一人暮らし。

 

誰の出入りも無かったはずだ。

 

リアルな生死は気にしないが、

こういうのは少しビビる俺なので、

 

今度は箱を開ける根性が無かった・・・

 

ゆさゆさ揺すってみたら、

ゴリゴリと石っぽい感じがした。

 

その月のうちに、

周りにお金を借りて他所へ越した。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ