代々伝わる、相手に悪夢を見せる子守唄

怖い男

 

私の実家には、代々伝わる『相手に悪夢を見せる子守唄』というものがある。

 

何処の言葉なのか分からないけれど、それは詩吟とかに近い感じで、ラジオ体操の曲ぐらい長さの唄。

 

唄を文字で書くと、「あ~しぃ~ふっひ~~ったはぁがーーーっ」という感じで、とにかく独特な唄。(ハ行は息を吐く音、「がーっ」はタンを吐く時の音)

 

先祖代々一族中が知っている唄で、『戦国時代、自分の一族が仕えた殿様を殺した武将の家に入りこみ、乳母になって跡取りを殺した』とか、そんな微妙なエピソードまで付いている。

 

正直、眉唾物だけれど、子供心には怖かったし、「子守唄歌うよ!」と親に脅されると泣くほど怖かった。

スポンサーリンク

自分が死んで腐っていく

そんな私は、大学から25歳ぐらいまでの4年間を付き合った彼氏に、プロポーズされて親の紹介までした上で浮気されていた。

 

しかも、それがバレた時は彼が逆切れした。

 

その時は半同棲のようなものだったので、逆切れして酒を飲んでふて寝した彼氏に対して怒りが収まらず、私は初めてこの子守唄を歌った

 

3回ぐらい繰り返したと思う。

 

すると、いきなり彼がカッと目を見開いて、その場で吐き出した。

 

一瞬びっくりしたけれど、吐くだけ吐いたらまたゲロだらけの布団でウトウトしだしたので、そのまま放置して帰った。

 

子守唄のせいか、酒のせいかは、その時点では分からなかった。

 

その後、彼の親御さんから慰謝料を貰ってきっぱり別れた後に、彼の友人から「あいつは悪夢を毎日見ているようだ」と教えられた。

 

悪夢の内容も聞いたけれど、とにかく自分が死んで腐っていくような夢ばかりを見ているらしい。

 

ご飯も食べられないとかで、みるみる痩せているという。

 

さらに1年後、彼は会社を辞めて入院するぐらい病んでいることを聞いた。

 

その頃に私は転職して地元に戻ったので、それからは彼がどうなったかは知らない。

 

彼の苦しみが子守唄のせいなのか、本人のせいなのかは分からないけれど、今ではこの唄をつい歌ってしまわないかを考える度に少し怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ