とある母子家庭の実情と不幸

たくさんの猫

 

※猫への残虐な描写があるので閲覧に注意してください

 

これは、十数年前の話。

 

玄関のドアがペットの猫の為に、いつも少しだけ開いている家があった。

 

住人は若い母と小さな男の子の二人暮らし。

 

この母親は、家の手入れも子供の世話もおざなりで、まるで母子家庭の偏見そのままで出来ているようだった。

 

当然、猫の扱いも適当で、メスなのに避妊もしていなかった。

スポンサーリンク

もし事情を知っていたら・・・

猫は外への出入りが自由なものだから、季節の度にお腹が膨れ、だんだん数が増えていった。

 

気が付けば、集まればゾッとするほどの数だった。

 

田舎で大らかな時代といっても、さすがに抗議が入る。

 

数週間後、猫はいつの間にかいなくなっていたが、どうやって処分したのか。

 

新しい飼い主を探したのか?

 

どこかへ捨てたのか?

 

保健所に連れて行ったのか?

 

後者なら、まだ救いがあった。

 

実際には、母親が小学生の我が子に猫を殺させていた。

 

男の子の様子をおかしく思った学校側が、家庭訪問をして発覚した。

 

その後、男の子は母親と引き離されて、遠くの施設へ行った。

 

俺は、後になって事情を詳しく聞いた。

 

この母親は以前はまともだったらしいが、旦那さんがひき逃げにあってから心を病んだそうだ。

 

近所の人もそれを知っていたから何も言わなかった。

 

俺は祖父の介護の為に家族で引っ越してきた新参者だから、何も知らなかった。

 

ここまで書くともう分かると思うが、抗議をしたのは俺だ

 

当時は受験を控えていて、神経質だったから怒りっぽくなっていた。

 

今思い返しても、自らの行動は特に間違ってはいないし、後悔もしていない。

 

ただ、事情を知っていたら、たぶん抗議には行かなかったとも思う。

 

また、猫が急激に増えたのは、上の理由の他に、猫が好きだった母親に少しでも元気を出してほしくて男の子が拾ってきた分もあった

 

いつだったか、猫と遊んでいるその子に、何気なしに「猫が好きなの?」と声をかけたことを覚えている。

 

いつも俯いてばかりだったのに、その時だけ男の子は笑っていた。

 

現実的に考えれば、男の子は施設に預けられることが最良の選択な気がするが、俺が母親にストレスさえかけなければ、回復した母親とそれを支え続けた男の子の二人の、親子の笑顔があったのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ