山に捧げていたもの

とめ山ってご存知ですか?

 

多分、「留め山」って

書くのだと思いますが、

 

高野山の近くだけの

方言かも知れませんが。

 

小学生の頃、

山登り好きの父に付き合わされて・・・。

 

近所の山登りに

付き合わされていた私は、

 

山の中に張り巡らされたロープを、

散々目にしていた。

 

父に聞くと、

 

そこはとめ山だから入るな

と言われた。

 

そんなこともすっかり忘れた頃、

山の中にある本家で法事があった。

 

法事は退屈だったけど、

 

周りの景色は街中育ちの私には、

十分楽しかった。

 

家の周りは山しかなくて、

法事の話は退屈で・・・。

 

私は山を探検することにした。

 

法事の最中、

親の目を盗んで山に入った。

 

とめ山のロープを

切った覚えは無いけど、

 

女人禁制の域には

入っていないはず。

 

山の中はひんやりしていたのを

覚えている。

 

そして突然、

後ろから声がした。

 

「にえ」

 

振り返った木の先に、

 

背筋の曲がり過ぎた、

小さい不思議な人がいた。

 

「にえ?」

 

私は聞き返す。

 

怖いとは思わなかった。

 

声を返した途端、

ヤツは私の横に飛んだ。

 

何か言葉を呟くが、

一瞬わからなかった。

 

「くってええんか?」

 

理解したと同時に、

跳ねるように地面を転げ落ちた。

 

降りる余裕がなかった。

 

ただ逃げたかった。

 

その日以来、

そこには行ってない。

 

今日、その山近くの

縁者に聞いた。

 

ある時代まで、「(いけ)にえ」を

山に捧げていたという。

 

私が入った山がとめ山なのは、

そういう意味。

 

とめ山は、

 

うちの地域には沢山あるので、

違う意味の山もあります。

 

泣きながら帰った私は翌日、

高野山に連れて行かれました・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ