髪を洗っている時に気付いた異変

風呂場

 

これは実話です。

 

数年前、私は東京で妹と二人暮らしをしていました。

 

元々は別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。

 

ある日、妹がお風呂に入り、私が二階でテレビを見ている時でした。

 

風呂場から「ギャアアアアア!!」という物凄い悲鳴が聞こえました。

 

ゴキブリでも出たか?と思って一階に下りると、妹は髪をぐっしょりと濡らして裸のままで廊下に立っていました。

スポンサーリンク

妹が洗っている髪の毛は・・・

何があったか知らないが、いくらなんでもその格好はないだろう・・・と呆れながら「どうしたの?」と聞くと、青ざめた顔で「・・・風呂場、見て来て、お願い」と言います。

 

言われた通り見に行きましたが、特に変わった様子はありませんでした。

 

脱衣所までびしょ濡れで、妹が湯船から慌てて飛び出した様子が伺えた以外は。

 

妹はとりあえず服を着て、髪を乾かし、一息ついてから事情を話し始めました。

 

曰く、いつものようにお風呂に浸かっていると、「ヒュー・・・ヒュー・・・」という誰かが呼吸する音を聞いたというのです。

 

周りを見渡したのですが誰も居ません。

 

風の音だと解釈し、妹は深く気にせずに髪を洗い始めたそうです。

 

湯船に浸かりながら上半身だけ風呂釜の外に身を乗り出し、前かがみになって髪を洗います。

 

手のひらでシャンプーを泡立て、地肌に指を滑らせ、髪を揉むようにして洗っていました。

 

その時、ある事に気付いたのです。

 

髪が・・・長い。

 

妹が洗っている髪の毛は、彼女自身の髪よりも数十センチ長かったそうです。

 

そして、もう一つのある事実に気が付いた時、妹は思わず風呂場から飛び出してしまったのです。

 

後頭部に誰かの鼻が当たっている事に。

 

それ以来、妹は極度の怖がりになってしまい、お風呂に入る時は必ずドアの外で私が待機するようになりました。

 

私自身は今日に至るまで何ら不思議な体験をしていません。

 

しかし、妹は確かにあの時、「自分のではない誰かの髪を洗った」と言います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ