夢の鍵を求めて

パズル

 

大学2回生の夏休み。

 

オカルトマニアの先輩に、

 

「面白いものがあるから、

おいで」

 

と言われた。

 

師匠と仰ぐその人物に、

 

そんなことを言われたら

行かざるを得ない。

 

ノコノコと家に向かった。

 

師匠の下宿は

ぼろいアパートの一階で、

 

相変わらず鍵をかけていないドアを

ノックして入ると、

 

畳の上に座り込んで、

何かをこねくり回している。

 

トイレットペーパーくらいの

大きさの円筒形。

 

金属製の箱のようだ。

 

表面に錆が浮いている。

 

「その箱が面白いんですか」

 

と聞くと、

 

「開けたら死ぬらしい」

 

この人はいっぺん死なないと

わからないと思った。

 

「開けるんですか」

 

「開けたい。けど開かない」

 

見ると、

 

箱からは小さなボタンのようなでっぱりが

全面に出ていて、

 

円筒の上部には

鍵穴のようなものもある。

 

「ボタンを正しい順序で

押し込まないとダメらしい」

 

師匠はそう言って、

夢中で箱と格闘していた。

 

「開けたらどうして死ぬんですか」

 

「さあ」

 

「どこで手に入れたんですか」

 

「××市の骨董品屋」

 

「開けたいんですか」

 

「開けたい。けど開かない」

 

死ぬトコ見てみてェ。

 

俺はパズルの類は好きなので、

やってみたかったが我慢した。

 

「ボタンは50個ある。

 

何個連続で正しく押さないと

いけないのかわからないけど、

 

音聞いてる限り、

だいぶ正解に近づいてる気がする」

 

「その鍵穴はなんですか」

 

「そこなんだよ」

 

師匠はため息をついた。

 

二重のロックになっていて、

最終的には鍵がないと開かないらしい。

 

「ないんですか」

 

「いや、セットで手に入れたよ。

でも落とした」

 

と悲しそうに言う。

 

「どこに」と聞くと、

「部屋」。

 

探せばいいでしょ、

こんなクソ狭い部屋。

 

師匠は首を振った。

 

「拾っちゃったんだよ」

 

「ハァ?」

 

意味がわからない。

 

「だから、

 

ポケットに入れてたのを

部屋のどっかに落としてさ。

 

まあいいや、明日探そ、

と寝たわけ。

 

その夜、

 

夢の中で玄関に落ちてるのを

見つけてさ、

 

拾ったの」

 

バカかこの人は。

 

「それで目が覚めて、

正夢かもと思うわけ。

 

で、玄関を探したけどない。

 

あれー?と思って、

部屋中探したけど出てこない。

 

困ってたら、その日の晩、

夢見てたら出てきたのよ。

 

ポケットの中から」

 

ちょっとゾクっとした。

 

なんだか方向性が怪しくなってきた。

 

「その次の朝、

 

目が覚めてからポケットを探っても、

もちろん鍵なんか入ってない。

 

そこで思った。

 

『夢の中で拾ってしまうんじゃなかった』」

 

やっぱ、こぇぇよ、この人。

 

「それからその鍵が、

僕の夢の中から出てきてくれない。

 

いつも夢のポケットの中に入ってる。

 

夢の中で鍵を机の引き出しに

しまっておいて、

 

目が覚めてから机の引き出しを

開けてみたこともあるんだけど、

 

やっぱり入ってない。

 

どうしようもなくて、

ちょっと困ってる」

 

信じられない話をしている。

 

落とした鍵を夢の中で拾ってしまったから

現実から鍵が消滅して、

 

夢の中にしか存在しなくなったというのか。

 

そして、

 

夢の中から現実へ鍵を戻す方法を

模索してると言うのだ。

 

どう考えてもキチガイっぽい話だが、

師匠が言うとあながちそう思えないから怖い。

 

「あー!また失敗」

 

と言って、

師匠は箱を床に置いた。

 

いい感じだった音が

元に戻ったらしい。

 

「ボタンのパズルを解いても、

鍵がないと開かないんでしょ」

 

と突っ込むと、

師匠は気味悪く笑った。

 

「ところが、

 

わざわざ今日呼んだのは、

開ける気満々だからだよ」

 

なにやら悪寒がして、

俺は少し後ずさった。

 

「どうしても鍵が夢から出てこないなら、

思ったんだよ。

 

夢の中でコレ、開けちまえって」

 

なに?なに?

 

なにを言ってるのこの人。

 

「でさ、

 

あとはパズルさえ解ければ

開くわけよ」

 

ちょっと、

ちょっと待って。

 

青ざめる俺をよそに、

師匠はジーパンのポケットを探り始めた。

 

そして・・・

 

「この鍵があれば」

 

その手には、錆ついた灰色の

鍵が握られていた。

 

その瞬間、

 

硬質な金属が砕けるような

物凄い音がした。

 

床が抜け、世界が暗転して、

ワケがわからなくなった。

 

誰かに肩を揺すられて光が戻った。

 

師匠だった。

 

「冗談、冗談」

 

俺はまだ頭がボーッとしていた。

 

師匠の手にはまだ鍵が握られている。

 

「今ので気を失うなんて・・・」

 

と俺の脇を抱えて起こし、

 

「さすがだ」

 

と言った。

 

やたら嬉しそうだ。

 

「さっきの鍵の意味が一瞬で

わかったんだから、凄いよ。

 

もっと暗示に掛かりやすい人なら、

 

僕の目の前で消滅してくれた

かも知れない」

 

・・・俺はなにも言えなかった。

 

鍵を夢で拾った云々は、

ウソだったらしい。

 

その日は俺をからかっただけで、

 

結局、師匠は箱のパズルを

解けなかった。

 

その箱がどうなったか、

その後は知らない。

 

(終)

次の話・・・「麻雀

原作者ウニさんのページ(pixiv)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ