机の落書き

 

俺が高校三年の時の

話なんだけどさ。

 

俺が通っていた高校の周りで、

よく野良猫を見たんよ。

 

大学受験を控えた俺はさ、

 

放課後はよく図書室で

自習してたんよ。

 

勉強に疲れた俺は

図書室の机に、

 

ダンボールに入った

子猫の絵を描いて、

 

その下に、

 

『元気な子です。

誰か拾ってください』

 

って書いたのね。

 

なんとなく。

 

放課後、

 

図書室のその机を見たらさ、

ダンボールの絵だけ残ってて、

 

その下にさ、

 

『大切に育てます』

 

って書いてあんのよ。

 

俺はまたダンボールに

猫の絵を描いて、

 

『優しい子です。

誰か拾ってください』

 

って書いたのよ。

 

机文通だなんて

時代錯誤もいいとこだけど、

 

青春ってなぁ恐ろしいね。

 

そして次の日、

俺は猫の死体を見たのね。

 

学校から少し離れた空き地に

放置されてた。

 

血をさ、

だら~って吐きながらさ。

 

放課後、

 

図書室の机には、

またダンボールだけが残されていて、

 

『大切に育てます』

 

と一言。

 

俺はまた同様に、

 

猫の絵と、

 

『やんちゃな子です。

誰か拾ってください』

 

って書いた。

 

次の日には空き地の猫が

増えてたんよ。

 

もちろん死体でさ、

2匹追加されてた。

 

その日も図書室の机の絵は、

ダンボールだけになってたんよ。

 

もう、わかると思うけど、

 

猫の死体を見た日は、

俺の猫は消えていたんよ。

 

その時、

 

俺はまだそのことに気づいては

いなかったんだけども。

 

毎日ではないけれども、

何回かそんな事を続けていたある日。

 

毎回猫ばかりでは面白くない

って思った俺は、

 

ダンボールに人の姿を書いて、

 

『とても賢い子です。

拾ってあげてください』

 

って書いたのよ。

 

次の日、

学年で一番頭のいいブスが、

 

授業中に教室を飛び出して

屋上まで行って、

 

なぜか手首をカッターナイフで

切ったんよ。

 

その子は病院に運ばれて、

 

更に鉄格子のある病院へ少しの間

入院することになったらしい。

 

受験のストレスが云々って

ことになっているけど、

 

最近よく見る猫の死体は、

 

その子の仕業らしいっていう

噂が立ったのよ。

 

机はダンボールの絵だけになっていて、

 

『思ったよりも賢くないですが、

それでも育ててみます』

 

と一言。

 

ちなみに、

 

ダンボールの中の人を描いた時、

茶目っ気を出そうとして、

 

『僕を拾ってください』

 

って書こうとしたけど、

今更だけど気色悪いからやめたんよ。

 

もしそのまま書いてたら、

俺はどうなっていたんだろう。

 

不思議な人も居たもんだってね。

 

まぁ嘘だけど。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ