放課後のかくれんぼは禁断の遊び

 

これは、私の父が小学生の頃に

体験した話です。

 

放課後、

 

いつものように友人5人と学校で

かくれんぼをしていました。

 

(早く帰らなければ

先生達から叱られる為、

 

数分で終わるかくれんぼを毎日一回だけ

して帰っていたそうです)

 

その日はジャンケンで父が負け、

教室の後ろでしゃがみ込み、

 

顔を手で覆いながら30秒、

数えていました。

 

「・・・にーじゅきゅー、さーんじゅ!

もーいーいかーい?」

 

『まあーだーだよー』

 

そう返されたので、

また父は数え始めました。

 

「・・・よんじゅはーち、よんじゅきゅー、

ごーじゅ!もーいーいかーい!」

 

『まあーだーだよー』

 

今度は遠くからそう返され、

次は早口で数え始めました。

 

「ごじゅはち、ごじゅきゅ、ろくじゅ!

もーいーいかーい!」

 

『もーいーいよ』

 

何故かすぐ頭上から、

声が聞こえました。

 

上には隠れる場所なんてなく、

 

ましてや最後の声は聞き慣れた

友人の声ではないのです。

 

みすみす自分の隠れた場所から

声を出すなんて事はしないはず。

 

いつもなら、

 

問い掛けた後に返事がなければ

探しにいけるのです。

 

そのまま父が固まっていると、

どれぐらい経ったか、

 

廊下から走ってくる多数の足音が

聞こえました。

 

「あー、もうお前何やってんだよー」

 

「○○(担任の名前)に先に

見つけられたよ、あーあ」

 

「あーあ」

 

「おい、聞いてんの!?」

 

「○○(父の名前)?」

 

その時、父は酷い顔で泣いていた為、

すぐ手を避けられませんでした。

 

恐怖より、友人達が来てくれた安堵で

泣いてしまったそうです。

 

普段、泣く事がなかった父の酷い

泣き顔を見た担任に驚かれながら、

 

その日は家まで送ってもらいました。

 

後日、

友人5人にその恐怖体験を話すと、

 

それから卒業するまでかくれんぼをしようと

言い出す友人はいませんでした。

 

もちろん、あの時の教室には、

誰も隠れていませんでした。

 

では、誰が隠れていたのでしょうか。

 

いや、隠れていたというよりは・・・。

 

大人になり、

子を持った今でも、

 

父は『隠れん坊』は禁断の遊びだと

信じています。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ